「顔認証」で出社と同時に「体温の高い社員」を検知できる勤怠管理システム

勤怠管理

Q:「顔認証」で出社と同時に「体温の高い社員」を検知できる勤怠管理システム

A:
出社時の検温マスク確認

新型コロナウイルスにの流行により、出社時にマスク、検温を義務化することが日常となっています。ワクチン接種率が上昇してもコロナには完全な終息が見えず、慣れのような状態になり、検温やマスクを疎かにしてしまうことも考えられます。この記事では出社時にマスクの着用と検温を同時に確認できるシステムを紹介します。


コンテンツの目次
  1. コロナ禍での勤怠管理システムに必須の条件
  2. 「MOT勤怠管理」+「顔認証システム」
  3. 体温を勤怠システムに反映、入場ゲートと連携でさらにセキュリティ対策と感染対策を同時に
  4. 「MOT/Cloud勤怠管理」の豊富な機能

1.コロナ禍での勤怠管理システムに必須の条件

勤怠管理システムとは従来のタイムカードや紙への記載による出退勤に代わる新しいシステムです。
出社時ドアの開閉と同時に打刻したり自宅での業務や直行直帰時にもご自身のスマートフォンにアプリを入れての打刻が可能になります。勤怠の情報はクラウド上で一括管理できるためタイムカードでの管理に比べ大幅に管理の時間を削減できます。さらにタイムカードの紛失や改ざんなどを防ぐこともできます。
コロナ禍での勤怠管理の焦点は打刻方法をどうするかになります。従来であれば指紋認証などでの本人確認も主流となっていましたが、接触を避ける意味で現在では適さない認証方法です。やはり本人の顔を瞬時に判別し出勤確認が行える「顔認証」という方法が適しています。



高度な顔認証を搭載しているか

出社時にいかに正確に早く本人の認証をするかが重用です。顔を認証するのが遅くなってしまえば会社の前に列ができ密集した状態を作ってしまう可能性もあります。なるべく早く正確に顔を認証する技術が必要になります。



マスク着用時にも顔を認証できるのか

顔認証での出退勤に必要な要素として「マスクをつけていても本人と認識できるのか」が大変重要な要素になります。「マスク着用では顔を認識できない」では出社時にマスクを外しそのまま会話をはじめてしまう・・・と言う事も考えられます。




2.「MOT/Cloud勤怠管理」+「顔認証システム」

ゲート入場、顔認証

オフィスの電話から勤怠管理まであらゆるオフィスシステムを搭載する「MOT」シリーズで20,000社を超える導入事例を持つ「株式会社バルテック」が販売を開始した「MOT/Cloud勤怠管理」+「顔認証システム」では、出社時の顔認証が約1秒で完了します。マスクを着けた状態でも本人確認ができるため、出社のたびにマスクを外す必要がありません。


マスクをしていない社員にはアラートが鳴る仕様

マスク未着用アラート

マスクを着用していない社員にはアラートで知らせる機能を搭載。さらに鼻まで覆っていない中途半端なマスク着用も検知します。
通常の白いマスクだけでなく色つきのカラーマスクの場合もしっかりとマスク検知するためマスクをしているのに検知されなくては入れない、と言う事もありません



体温の高い社員にもアラートを鳴らす機能搭載

顔認証と同時に社員の体温を計測できる機能を搭載。異常のある社員にはアラートでお知らせします。
体温を申告制にしてしまうと「多少の熱なら大丈夫」と、体温を偽り出社してしまうことも想定されますが、こちらのシステムであれば体温の高い社員を間違いなく判別することができます。




3.体温を勤怠システムに反映、入場ゲートと連携でさらにセキュリティ対策と感染対策を同時に。

クラウド型勤怠管理システムとの連携で出社時に社員の体温をクラウド上の出勤簿に記録します。
37.5℃以上など設定を上回った場合は問診内容を記入することも可能です。
さらにセキュリティ入場ゲートと連動させれば、高温検知した社員、マスク未着用の社員は会社に入ることができません。
このセキュリティゲートの設置で関係者以外の侵入を防ぐセキュリティ機能としても活躍します。
これらの機能を活用することによりコロナ禍でも安全に、ストレスのない出退勤管理が可能になります。
詳細については下記のリンクをご覧ください。


「MOT/Cloud勤怠管理」+「顔認証セキュリティゲート」の詳細はこちら  



4.テレワーク組にも対応した豊富な機能

「MOT/Cloud勤怠管理」は顔認証や入場ゲートとの連携以外にも様々な機能を搭載しています。



社内の内線通話が無料、オプションで会社番号から発着信

「MOT/Cloud勤怠管理」は入場ゲートとの連携以外にも様々な機能を搭載しています。「MOT」シリーズは元々PBX電話アプリとして開発をスタートしているため、打刻アプリを利用して社内の内線通話を無料で行う事が可能です。さらに自宅でスマートフォンから打刻することも可能です。
さらにオプションで外線発信時に会社の電話番号でコールすることも可能になるため、在宅で顧客対応をする際も自分の携帯番号を使用する必要はありません。
未退勤の場合に着信機能と連動し、自動メッセージが流れるアラートを着信させることもできます。



どこで打刻しても場所を記録できるGPS打刻

在宅でスマホで打刻、または出張先などでの打刻する場合も「MOT/Cloud勤怠管理」の場合GPSで位置情報を記録することができます。直行直帰など場所の記録があいまいな場合もしっかりと社員の位置を把握できます。
「MOT/Cloud勤怠管理」については下記もご参照ください。

「MOT/Cloud勤怠管理」の詳細はこちら  


勤怠管理はコロナ禍で大きく変わりつつあります。不特定多数が触るタイムカードなどを使用して感染拡大への懸念を放置するよりも新しい勤怠管理で安全なビジネスライフを構築する必要があるでしょう。



リース不要の低価格ビジネスフォン

お問い合わせ Contact

サービスの導入・検討にあたってのご質問・お見積り・資料請求は、
こちらから気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-972-164
受付時間:平日9:00 - 17:30