病院向けナースコール連携スマホソリューション
電話お問合わせ TEL:0120-972-655
メールお問い合せ
病院向けナースコール連携スマホソリューション

病院向けMOT/PBX
ナースコールとビジネスフォンが連携

病院向けMOT/PBXとは?

PHSの代わりにスマートフォンを活用し、内線・外線・ナースコール着信・電子カルテへのアクセスなどを1台で運用出来るようになるサービスです。 ビジネスフォン・ナースコールコールと連携することでシームレスな院内運用を可能にします。
※電子カルテ機能は病院向けMOT/PBXが提供する機能ではありません。

よくある病院様のお悩み

着信まで時間がかかる

着信まで時間がかかる

ナースコールを受けるPHSでは複数同時着信をすることが出来ません。 その為、最大で16秒後に着信するPHSも出てきてしまいタイムロスに繋がります。

外線の受発信が不可

外線の受発信が不可

ナースコールとビジネスフォンが連携していない為、PHSから外線番号で発信したり、受信したりすることが出来ません。
その為、外線用のPHSと2台持ちのような状況になってしまったり、ナースステーションなど特定の場所でしか外線が利用出来ないので不便です。

他システムへ<br>アクセスできない

他システムへ
アクセスできない

PHSではカルテシステムや様々な情報サービスへアクセスが出来ません。 毎回ナースステーションへ戻って記録したり閲覧する日必要があります。

病院向けMOT/PBXならPHSでは出来なかったアクセスや外線の利用・複数の同時着信などが出来ます。その為、業務の効率化や緊急時対応の迅速化が行えます。

スマホを利用して医療機器への影響はないのか?

大学とスマホキャリアが合同で行った医療機器電波干渉調査では、携帯電話に許容される最大限の電波の強さで調査されましたが、 機器に干渉し始めた距離が28cmとなり、かなり近づかないと影響しないという結果になりました。
スマホの使用環境は日々改善され電波環境も安定してきました。その為それ程強くない電波でも安定して使用することが出来るようになり医療機器への影響も格段に少なくなっています。

病院向けMOT/PBXの特徴

同時着信可能

同時着信可能

ナースコールをスマホで複数台が同時に着信することが出来ます。 PHSとの差は最大で16秒。緊急時の対応が迅速に行えます。

外線・内線も可能

外線・内線も可能

スマホから内線・外線の受発信が可能です。 院外にいる先生へ内線をすることも可能なので、素早い適切なアドバイスを受けることが可能です。

他サービスへアクセス

他サービスへアクセス

PHSからスマホに変更することで電子カルテシステムや勤務管理システム などのサービスへナースステーション以外でもアクセスすることが出来るようになります。

ナースコールとの接続イメージ

ナースコールとの接続イメージ
ナースコールシステムと連携し、スマートフォン1台でナースコール・外線・内線が行えるようになります。 ナースステーション以外でも外線・内線が行えます。巡回中のスタッフとも内線のやり取りが可能です。

※構成図はジーコム株式会社の「ココヘルパ」との連携構成図です。 他ナースコールシステムとの連携についてはお問い合せ下さい。

PHSと病院向けMOT/PBXの比較

病院向けMOT/PBX PHS
着信時間 即時 最大で16秒後
複数台同時着信 ×
外線 ×
内線 ×
チャット ×
他サービスへのアクセス ×
ビジネスフォンとの連携 ×

ビジネスフォンと病院向けMOT/PBXの比較

病院向けMOT/PBX ビジネスフォン
スマホ内線 ×
パソコン電話(ソフトフォン) ×
ビジネスチャット ×
CTI(顧客情報の表示) ×
通話録音 ×
電子錠 ×
ナースコールとの連携 ×

機能詳細

スマホ内線

スマホ内線

スマートフォンにアプリをインストールし、設定すると病院の番号での発信・受信が行えるようになります。 また、院内・院外問わず先生同士や先生とナース間の通話が内線電話として無料になります。

チャット

チャット

病院では、医師やナースなどの働く人が一度に揃うことはありません。その為、情報の共有が難しいですが、チャットなら手軽に共有が可能です。会議の情報共有やレセプト文章の共有などが行えます。 レセプトは記述内容の整合性が厳しく確認され記述するスタッフの負担が大きいですが、以前同じ症状の認可された文章をうまく利用すれば時短に繋がります。

CTI

CTI

患者様や取引先からの着信時に自動で発信者の情報をPC画面に表示する機能です。どのスタッフが対応しても患者様の情報が詳細に把握できるので信頼関係をより築くことが出来ます。その為、定期健診の増加や人間ドックの増加など売上の増加も見込めます。 もちろん業務の効率化も行えます。

電子錠

電子錠

病院では様々な患者がいらっしゃるので高度なセキュリティが求められます。 既存のドアへ簡単に取り付けが可能で、開錠の制限や開錠ログの管理などが行えます。また、遠隔での解錠が可能な為ナースステーション等からでも対応することが出来ます。

接続機器

スマートフォン

スマートフォン

スマホから内線・外線・ナースコールの利用が出来ます。また、チャットや他サービスへのアクセスも1台で可能に。

ビジネスフォン

ビジネスフォン

内線・外線を利用することが出来ます。スマホとも内線通話が行えます。

PC(ソフトフォン)

PC(ソフトフォン)

PCへソフトをインストールし、ビジネスフォン代わりとして利用することが出来ます。ビジネスフォン・スマホと内線のやり取りも可能です。

ナースコール

ナースコール

ナースコールと連携し、スマホ複数台が同時に着信することが出来ます。 最大で16秒もPHS運用より早く着信することが出来るで緊急時の対応が迅速に行えます。

インターフォン

インターフォン

出入口に設置し、時間外の来客などの際、スマホからでも対応が可能になります。無駄な行き来もなくなり、業務の効率化に。

カメラ

カメラ

暗視カメラを搭載し、夜間でも病室や共用部の確認が可能です。また、スマホから確認できるのでナースステーションまで戻ったりする必要もありません。

導入事例

ジーコム株式会社 様

導入背景

・PHSの2台持ちをしている
・電話回線とケアコール用の回線が別々
・PHSでは得られる情報に限界があった

導入効果

・スマホ1台で内線・外線・ケアコールを対応
・回線の集約
・電子カルテなどへのアクセスも可能に

導入効果

・スマホ1台で内線・外線・ケアコールを対応
・回線の集約
・電子カルテなどへのアクセスも可能に

導入背景

・PHSの2台持ちをしている
・電話回線とケアコール用の回線が別々で複雑だった
・PHSでは得られる情報に限界があった
MOTシリーズは20,000社以上にご導入頂き、多数の医療施設にもご導入頂いております。

FAQ

Q1
利用業種は病院だけですか?
A1
病院以外の医療施設でも利用可能です。また、福祉施設や老人ホーム、介護施設などでも利用が出来ます。
Q2
スマートフォンの機種は指定がありますか?
A2
ありません。iPhone・androidどちらの端末でも利用可能です。
Q3
PHSのように基地局などが必要ですか?
A3
不要です。館内Wi-Fiのみならず4Gなどのキャリアの電波で利用することが出来るので基地局は必要ありません
Q4
外線・内線・ナースコールを1つのスマホで利用出来ますか?
A4
利用可能です。1つの端末で出来るのでコストの削減が可能です
Q5
個人の端末で利用出来ますか?
A5
可能です。個人が慣れしたんだ端末を利用することで業務の効率化も図れます。
Q6
近い別館などでも電話などを受けることが出来ますか?
A6
可能です。本館と別館など複数の施設間で内線通話などが利用出来ます。
Q7
電子錠は何で解錠しますか?
A7
取付る電子錠によっても変わりますが、ICカード(Felica・マイフェアカード・I-CORD)やアプリのダイヤル発信・テンキー解錠に対応しています。
Q8
既存のビジネスフォンをそのまま利用出来ますか?
A8
可能です。既存ビジネスフォンを有効活用することで導入費用の削減が可能です。