顧客情報の自動表示機能(CTI)で電話対応を支援|IP-PBXならMOT/PBX

CTIシステム

クラウド連動CTIで電話業務を効率化

動画でわかるCTI(概要)

CTI機能(顧客情報の表示)とは?

電話着信の際に、発信者の電話番号から顧客情報を自動検索してパソコン画面に表示する機能です。
従来の電話システムでは、通話開始後に顧客名や会員No.などをお聞きし顧客管理システムなどで検索する必要がありましたが、MOTでは自動で検索・表示することができるので社員の電話対応負担の軽減が可能です。
表示する情報は、弊社クラウドサービスもしくは現在お使いの他社製顧客管理ソフト・CRM・SFA・基幹システムの情報を表示することができます。

CTI外部連携機能

MOTのCTI機能では、パラメータを付与したURLを表示するURL連携やカスタマイズでの連携を行っております。
連携実績:kintone・ネクストエンジン・CROSS MALL・GoQsystem

CTI外部URL連携機能

ポップアップ表示

着信するとパソコンの画面上に相手の情報がポップアップで表示されます。 ポップアップ画面には、発信相手の名前、電話番号、所在地、FAX情報などを表示します。更に自社側の担当者、前回通話者、最終通話時間もあわせて表示しますので、スムーズな取次ぎが可能です。
ポップアップ表示は最前面・背面・タスクバーのアイコン(最小化)の3パターンから選択できます。

連携電話端末

  • 固定電話(SIP)

    通話は固定電話、情報の表示はPC画面と分けることができます。

  • ソフトフォン

    PCへ専用ソフトウェア(MOT/Phone)をインストールし、USBタイプの簡易受話器もしくはヘッドセットを接続することで固定電話の様に内外線の通話が出来るパソコン電話と連携することができます。

MOTのCTIを利用するメリット

  • 1.検索不要

    従来の電話機では通話開始後に顧客を特定するために名前や会員番号をお聞きし、顧客管理ソフト等で検索する必要がありました。
    CTIを導入すると着信時に自動で発信番号から検索して情報を表示してくれるので検索や無駄な質問が削減されます。

  • 2.電話対応の負担軽減

    発信者の様々な情報(取引の履歴・過去の通話内容・担当者)などを確認しながら電話対応ができるので、電話対応が不慣れな社員でも簡単に対応することができます。

  • 3.人件費の削減

    本来業務と合わせて電話対応も行っている場合も多く、電話対応の負担が本来業務の遅れ(残業)に繋がってしまうこともあります。
    CTIを利用し、電話対応の負担を軽減すると本来業務を行う時間が増え、結果的に残業の削減、人件費の削減にも繋がります。

  • 4.CRM連携

    顧客情報を蓄積することは経営において非常に重要です。顧客管理ソフトを利用していない場合、弊社のCRM「MOTクラウド」を利用することで顧客情報を蓄積しながらCTI表示も可能です。既存でCRMなどを利用中の企業もCTIと連携させることで業務の効率化が可能です。

CTI各種機能説明

簡易情報画面イメージ

cti_popup

顧客情報詳細画面イメージ

cti_dtail

簡易情報画面を経由せず詳細情報の表示や外部CRM画面を表示することも可能です。

CTI機能をご利用中のお客様の事例

その他の便利な機能

MOTには他にもオフィス業務を効率化する便利な機能がついています。


お問い合わせ Contact

サービスの導入・検討にあたってのご質問・お見積り・資料請求は、
こちらから気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-972-164
受付時間:平日9:00 - 17:30