クラウドPBX構築の仕組みを初心者にも分かりやすく図解!構築事例もご紹介!

MOT/TEL
HOME > MOT/TEL > クラウドPBXについて知る > クラウドPBXの基礎知識 > クラウドPBX構築の仕組みを初心者にも分かりやすく図解!構築事例もご紹介!

クラウドPBX構築の仕組みを初心者にも分かりやすく図解!構築事例もご紹介!

クラウドPBX構築の仕組みを初心者にも分かりやすく図解!構築事例もご紹介!

クラウドPBXの構築をしたいけど仕組みはどうなっているの?」
「導入する際は、何が必要なの?」
「ビジネスフォンではなくクラウドPBXを構築するメリット・デメリットは何?」
と言った疑問を初心者でもわかりやすいように図で解説致します。クラウドPBXの構築をご検討の方は是非ご覧ください。

コンテンツの目次
  1. クラウドPBXとは?図解で仕組みをご紹介
  2. クラウドPBX構築・利用に必要なもの
  3. クラウドPBXで利用できる端末
  4. クラウドPBXを構築するメリット
  5. クラウドPBXを構築するデメリット
  6. クラウドPBXで使える便利機能
  7. クラウドPBXの構築事例
  8. 導入実績が豊富なクラウドPBX


1.クラウドPBXとは?図解で仕組みをご紹介

クラウドPBX以前の会社電話と言えば、ビジネスフォンでした。ビジネスフォンは社員などが使う固定電話機とその電話機を制御するPBX(主装置)と呼ばれる機器で構成されています。
では実際に図でビジネスフォンとクラウドPBXの仕組み・構成を見ていきましょう。

【ビジネスフォン】

【図解】ビジネスフォンの構成

ビジネスフォンはPBX(主装置)を中心として固定電話機・コードレス電話機・複合機(FAX)・構内放送など各機器がモジュラーケーブルなどによって接続されています。その為、「機器や繋ぐ線本体」と「機器の設置や配線工事」が必要になります。

一方、クラウドPBXはPBX(主装置)をクラウドで提供します。その為、事務所へ設置する必要があったPBX(主装置)や固定電話・配線などが不要になります。
ただし、地域ごとに異なる市外局番を利用する場合は番号を利用する為の機器設置が必要になります。

クラウドPBXではユーザー側で取り扱う機器が少ないので管理が簡素化する他、今まで負担となっていたPBX(主装置)の保守・管理が必要ありません。ユーザーがインターネット経由で接続する大元のPBXはクラウドPBXの提供企業が保守・管理を行ってくれます。

また、ビジネスフォンでは社内の固定電話という「場所」と「デバイス」が限られていた会社の電話業務を「どこでも」「スマホやPCで」という場所とデバイスの縛りなく利用することができます。テレワークや業務の効率化・DXなど新しい働き方にはなくてはならない存在になりそうです。


2.クラウドPBX構築・利用に必要なもの

クラウドPBX構築・利用に必要なものは下記の通りです。

  • 【クラウドPBX構築・利用に必要なもの】
  • 必須:クラウドPBXメーカーとの契約
  • 任意:電話回線の引き込み
  • 任意:機器の設置
  • 任意:アプリのインストール・設定

まず、必須なのはクラウドPBXを提供しているメーカーとの契約です。契約前には数社を比較検討すると思いますが、最低限チェックするポイントは「音質」「サポート体制」「利用可能番号」の3つです。

チェックポイント1:音質 クラウドPBXは様々な便利機能を利用できますが要の機能は電話機能です。その為、音質はチェックする必要があります。クラウドPBXと一言で言っても千差万別でメーカー毎に品質が違い、頻繁に途切れる・音が聞こえないと言った症状を出すサービスもあれば安定して通話のできるサービスもあります。その為、無料デモなどを利用して品質を確認する必要があります。

当社のクラウドPBX「モッテル」も音質を確認頂ける無料デモを行っていますので、気になった方はお問い合わせください。

高音質のクラウドPBX「モッテル」

チェックポイント2:サポート体制 クラウドPBXは海外製のサービスもあります。海外サービスだと万が一、不具合や障害が発生した際にリアルタイムで対応が難しい場合もあります。また、機器を設置して利用している際に提供会社の拠点が関東のみなど一部に限られている場合、オンサイトのサポートが不可や時間がかかる場合があります。契約する際はご自身のエリア近くに拠点があるか?サポート体制はどうなっているのか事前に確認しておきましょう。

チェックポイント3:利用可能番号 クラウドPBXで現在の会社番号や新規で取得する市外局番を利用する為には専用の機器(ゲートウェイ)が必要になります。しかし、提供するメーカーによって機器を設置しての利用ができないタイプもあります。機器を設置しない場合、050・0120など限られた番号しか利用できないので現在の会社番号を引き継げるか?市外局番の利用は可能か?チェックする必要があります。

上記以外にも当然、料金や使える機能などはチェックすると思いますので契約の際は総合的に比較検討してみてください。
良いサービスが見つかり契約後の流れは、利用する環境によって異なります。電話回線をまだ引いておらず市外局番を利用したい場合はまず、電話回線の引き込み工事が必要です。その後に機器の設置を行い電話回線を収容と言う流れになります。
050などの番号で利用する場合は、電話回線の引き込み工事や機器の設置工事なしでスマホへ専用アプリのインストール・設定ですぐ利用できる様になります。

下記は一例ですが、ビジネスフォンのようにスマホで内線や取次ぎ、会社番号を使った発着信が可能になります。

  • 電話を受ける
  • 電話をかける
  • 取次
  1. 1

    外線・内線コール
    (外線の場合、複数端末同時コール)

    外線・内線コール

  2. 2

    応答タップで
    通話開始

    クラウドPBX通話開始

  3. 3

    切断ボタンをタップで
    通話終了

    クラウドPBX通話終了

  1. 1

    電話帳から発信先をタップ

    クラウドPBX外線保留

  2. 2

    発信ボタンをタップ

    コールダイヤルパッドから担当者にコール

  3. 3

    発信先が応答次第通話開始

    担当者の応答後、転送実行で通話終了

  1. 1

    外線コールに応答後、
    保留ボタンをタップ

    クラウドPBX外線発信

  2. 2

    ダイヤルパッドから
    担当者にコール

    発信ボタンをタップ

  3. 3

    担当者の応答後、
    転送実行で通話終了

    発信先が応答すると通話開始


3.クラウドPBXで利用できる端末

クラウドPBXを構築する際に利用する端末は下記の3つです。

【利用端末】

【図解】クラウドPBXで利用可能な端末

クラウドPBXでは、ビジネスフォンで使っていたモジュラーケーブルで接続する固定電話機ではなく、LANケーブルで接続するIP電話機の他、スマホやパソコンが電話端末として利用できます。この端末の中からスマホのみ利用する・混在で利用するなどはユーザーが自由に決めることが可能です。

利用可能端末1:IP電話機 IP電話機は、パソコンなどに接続するLANケーブルを使用して接続します。クラウドPBXはインターネット通信を使って電話を行うIP電話なのでIP電話に対応するIP電話機を利用します。IP電話について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。



閉じる