構内PHSが2023年3月に終了!内線端末はどうする?スプリアス規格にも要注意!

業務の効率化

Q:構内PHSが2023年3月に終了!内線端末はどうする?スプリアス規格にも要注意!

A:
構内PHSが2023年3月に終了?~PHSに代わる内線端末~

通信電波の影響が少なかったり、通信コストの安さから病院などの医療現場や一般オフィスの内線電話端末として多く利用されているPHS。しかし、個人向けは既に2021年1月末で終了し法人向けサービス(テレメンタリングサービス)も2023年3月末にサービスが終了するとアナウンスがありました。事務所などで利用されている構内PHSはそのまま利用出来るのか本記事でご紹介致します。

コンテンツの目次
  1. 構内PHSは利用出来なくなるのか?
  2. 構内PHSへの影響
  3. 注意が必要なスプリアス規格
  4. 構内PHSに代わるスマホ内線

1.構内PHSは利用出来なくなるのか?

日本で開発されたPHSは、開発当初ポケベルとの連携機能や通信コストの安さから女子高生を中心に広がり2年半で700万人近くの加入者数になりました。この流行は一般の顧客にとどまらず、電波の影響が少ないことや通信コストの安さから病院などの医療施設や一般オフィスでも内線端末として広がって行きました。
しかし、携帯電話との競争に負け次々にサービス事業者が撤退。唯一の提供企業であるワイモバイルが、

PHS向け料金プラン※は2021年1月31日を以って終了しました。
※ テレメタリングサービス向け料金プランは2023年3月末をもって終了いたします。
ワイモバイル:PHSのサービス終了のご案内

と発表しました。
法人向けプランなどを含めたPHSサービス(公衆PHSサービス)が2023年3月末に全て停止することになりますが、ワイモバイルの契約を必要としない構内PHSは継続して利用することができます。しかし、構内PHSを継続して利用する上で注意点3つがあります。


2.構内PHSへの影響

公衆PHSサービスが終了することで構内PHSに影響する可能性がある点がまず2つあります。

■ 音声品質の低下

まず構内PHSへの影響が懸念される点が音声品質の低下です。構内PHSも公衆PHSの電波で同期信号をとることでクリアな音声での通話を実現していたので、公衆PHSサービス終了に伴い音声品質の低下が懸念されます。


■ PHS端末や基地局の価格が高騰

もう一つがPHS端末や基地局の価格が高騰する点です。公衆PHSサービスが終了すれば市場は当然縮小傾向になります。その為、PHS端末と基地局(アクセスポイント)の製造数も縮小傾向になると考えられており、これらの価格が高騰する懸念があります。

価格が高騰しても調達自体できれば構内PHSが使えなくなることはありませんが、製造数が限られて調達に時間がかかる状況は予想できます。万が一、基地局が故障し入れ替えが必要になっても代替品が調達できなければ利用できない状態が長く続くことになります。


3.注意が必要なスプリアス規格

構内PHSを継続して利用する上でもう一つの注意点が旧スプリアス規格です。
「スプリアス」とは無線設備から発射される電波のうち、必要周波数帯の外側に発射される電波(不要な電波)のことです。不必要な電波(不要な電波)をできる限り低減させることによって、電波利用環境の維持、向上及び電波利用の推進を図るために改正が行われました。

旧スプリアス規格のPHSはビジネス向けのものでも2022年11月30日までしか利用出来ないと定められましたが、総務省の移行期限の延長があり「「当分の間」と定められました。利用可能期限が伸びましたが移行期限の延長がいつ終了してもおかしくなく旧スプリアス規格のPHSは利用が禁止されるので入れ替えが必要です。

現在お使い中の構内PHSが旧スプリアス規格かどうか調べる方法についてはこちらをご覧ください。


4.構内PHSに代わるスマホ内線

旧スプリアス規格であればもちろん入れ替えが必要になりますが新規格のPHSであれば継続して利用することが出来ます。しかし、PHSをそのまま利用し続けて良いのでしょうか?
PHSは、電話端末としてスマートフォンと比較しても格段に利用出来る機能が少ないのが現状です。社外に出れば事務所のビジネスフォンとの内線通話や外線の受発信が出来ません。スマホのようにアプリをインストールして利便性を高めることも出来ません。 そこで拡張性も高いスマホを内線端末として利用出来る『クラウド電話モッテル』をPHSの代わりに利用してみるのはいかがでしょうか。

PHSの代わりになるスマホ内線

モッテルでは専用アプリ「MOT/Phone(モットフォン)」をスマホへインストールすることで内線端末として利用することが出来ます。MOT/Phoneを利用する社員同士や既存で利用中のビジネスフォンとも内線通話が可能です。
更に、構内PHSで出来なかった事務所外での内線通話も利用出来ます。事務所外で内線環境を構築すると電話の取次ぎなども事務所内外問わず可能になるので、今まで行っていた「折り返す為に連絡先を聞いて担当へ連絡して」という作業が減り電話業務の効率化が可能です。

MOT/Phoneでは内線だけでなく外線の発着信も利用出来ます。その為、スマホ1台が構内PHSの代わりになるだけでなくビジネスフォンの代わりにもなります。
この機会にスマホの内線化を検討してみてはいかがでしょうか?
PHSに代わるスマホ内線の詳細はこちら  



リース不要の低価格ビジネスフォン

お問い合わせ Contact

サービスの導入・検討にあたってのご質問・お見積り・資料請求は、
こちらから気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-972-164
受付時間:平日9:00 - 17:30