パーク保留|IP-PBXならMOT/PBX

ビジネスホン・PBX用語集

ビジネスホン・PBX用語集

パーク保留(取次)

電話の保留の仕方は「自己保留」と「パーク保留」の2パターンあります。どちらも保留に関しては変わりありませんが、保留転送の仕方が変わります。
自己保留の場合、通話者が保留後に該当社員Aの内線へ発信し通話者→社員Aの通話になります。この通話で「◯◯様からお電話です。」のように案内し、この通話を切断すると社員Aはお客様と電話が繋がります。

一方、パーク保留はパーク保留ボタンで保留し、該当するパーク保留ボタンの数字を社員Aへ伝えます。社員Aは該当パーク保留ボタンを押すだけでお客様と通話が始まります。
パーク保留のメリットは社内など近くにいる方へ取次を行う場合に、わざわざ通話をしなくても取次が行える点です。例えば隣にいる社員へ「1番に◯◯様からお電話です。」のように伝えるだけです。自己保留の場合、取次を行いたい社員の内線を調べて発信して・・・と時間がかかりますがパーク保留の場合簡単に可能です。
しかし、パーク保留などが出来るのはビジネスフォン等の固定電話機と高価なコードレス電話機のみです。しかも社外では利用出来ません。

MOT/PBXではこのパーク保留が固定の電話機やコードレス電話機以外でも利用出来ます。専用アプリ「MOT/Phone」をインストールされているスマートフォンやWindows版「MOT/Phone」がインストールされているパソコンなどでも利用することが出来ます。MOT/Phoneアプリが入ったスマホ同士や固定電話などとパーク保留のやり取りが可能です。外出時や別拠点の電話機とも保留の共有が可能なのでお客様をお待たせしない体制作りやお客様対応の向上に繋がります。
パーク保留


お問い合わせ Contact

お問合せはこちら

メールでお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-972-655
受付時間:平日9:00 - 17:30

無料訪問デモのご依頼はこちら

無料訪問デモのお問い合わせ

全国ショールームでのデモも可能です。

ショールーム一覧はこちら
PAGE TOP
勤怠管理システム

閉じる