物流・運送業界における勤怠管理の課題と顔認証を使った勤怠の効果

勤怠管理

Q:物流・運送業界における勤怠管理の課題と顔認証を使った勤怠の効果

A:
物流・運送業界における勤怠管理の課題と顔認証を使った勤怠の効果

物流倉庫では、社員・パートスタッフ・アルバイト・派遣スタッフなど幅広い雇用形態や日勤・夜勤など時間帯も個々で異なります。運送業界でも同じように雇用形態・勤務時間が幅広く、物流・運送業界の勤怠管理はアナログな紙媒体やタイムカード等では対応に限界があります。
そこで本記事では幅広い雇用形態や勤務時間となる物流・運送業界におけるコロナ禍の今、必要な勤怠管理方法についてご紹介致します。


コンテンツの目次
  1. 物流・運送業界の勤怠管理課題や現状
  2. 物流・運送業界におススメな顔認証を使った勤怠管理
  3. 顔認証とは?
  4. 顔認証と連携した勤怠管理「MOT/Cloud勤怠管理」
  5. 顔認証と連携した「MOT/Cloud勤怠管理」の導入メリット
  6. 顔認証と連携したゲート

1.物流・運送業界の勤怠管理課題や現状

幅広い雇用形態や勤務時間となる物流・運送業界は様々な勤怠管理の課題があります。

責任者が不在になる時間帯の不正打刻

物流・運送業界でも特に運送業界では管理者・責任者がいない早朝や深夜に出勤することも多く、従来のタイムカードなどのアナログ管理では第三者に打刻してもらうなど簡単に不正ができてしまします。不正打刻は、無駄な人件費に繋がってくるのと同時に労働者の適切な労務管理ができなくなるリスクが高まります。


労働時間の把握が集計時しかできない

幅広い雇用形態や勤務時間となる物流・運送業界では働いている1人1人の労働時間が異なります。多くのオフィス勤務の会社の場合、同じ時間に出勤・退勤する勤務形態なので始業前の労働・残業が多い従業員を集計をしなくてもおおよそ把握できますが、幅広い雇用形態や勤務時間の物流・運送業界では出来ません。
また、アナログ管理のタイムカードなどでは集計をしてみないと労働時間が把握できません。


勤怠集計や給与計算のミスが発生

幅広い雇用形態や勤務時間の物流・運送業界の勤怠データを手動で集計する場合、割増賃金など複雑な計算が必要になりミスが発生しやすくなります。給与に直接関係してくる部分なのでミスが発生すると働いている従業員の不満に繋がってきてしまいます。


アナログでは管理しきれない従業員数

物流倉庫では何百人規模も多くアナログの勤怠管理では、管理に限界があります。また、この規模の物流倉庫では従業員なのか外部の人なのか判別するのは容易ではなく、指静脈認証システムなどの本人確認+打刻用タブレットやパソコン画面を選択など複雑な勤怠打刻方法が取られることもあります。この様な方法の場合、打刻に時間がかかるので出勤者の多い時間帯には打刻待ちの列ができ、コロナ禍の今避けなければならない密ができてしまうなどの問題もあります。



2.物流・運送業界におススメな顔認証を使った勤怠管理

幅広い雇用形態や勤務時間の物流・運送業界ではアナログ管理ではなく、従業員個々にシフト登録することで複雑な集計を自動で行ってくれる勤怠管理システムの導入が効果的です。特に先ほどご紹介した物流・運送業界の課題を解決できる顔認証を使った勤怠管理は不正されにくく従業員の適切な労務管理に役立ちます。

顔認証を使った勤怠管理

3.顔認証とは?

生体情報を使って本人を識別する生体認証の1つで、カメラに写っている人の目や鼻など顔の特徴的な部分や顔領域の位置、比率などを元に照合する仕組みです。AIを使ったディープラーニングによりマスク着用のままでも本人確認ができるなど、従来と比べて精度が向上しています。
この顔認証システムは様々な分野で利用されており、冒頭でご紹介したスマホ以外ではホテルのチェックインや鍵の代わり・タワーマンションのエントランス解錠、オフィスの入退室などに取り入れられています。

顔認証システム

4.顔認証と連携した勤怠管理「MOT/Cloud勤怠管理」

「MOT/Cloud勤怠管理」は顔認証システムと連携した勤怠管理です。顔認証は約1秒で完了。本人確認とコロナ禍の今必要な「検温」や「マスク着用の有無」なども管理することができます。

顔認証システムと連携した勤怠管理「MOT/Cloud勤怠管理」

また、顔認証以外にも運送業界に必要なスマホでどこでも打刻とGPSによる位置情報の記録も可能です。

運送業界に必要なスマホでどこでも打刻とGPSによる位置情報の記録も可能な勤怠管理「MOT/Cloud勤怠管理」

5.顔認証と連携した「MOT/Cloud勤怠管理」の導入メリット

顔認証による出勤打刻とスマホから打刻する2パターンを併用できるMOT/Cloud勤怠管理では、物流・運送業界の勤怠管理の課題解消に効果があります。

不正打刻を防止

生体認証である顔認証を使った打刻では不正を防止することができます。責任者が不在でも本人のみ認証ができるので従来の様に第三者が打刻することができません。
また、退勤時のスマホ打刻でも時刻だけでなくGPSの位置情報も同時に記録できるので不正防止に効果的です。


労働時間を自動集計

MOT/Cloud勤怠管理では、労働時間を自動で集計。設定した労働時間を超えると本人・管理者へ通知を出すことができます。大きく超過する前に対策を取ることが可能です。

残業時間を自動集計して通知してくれる勤怠管理「MOT/Cloud勤怠管理」

給与計算のミスを防止

MOT/Cloud勤怠管理は勤務データを自動集計しCSV出力が可能です。出力されたCSVをお使いの会計ソフトへインポートするだけなので給与計算のミスを防止できます。


高速認証

MOT/Cloud勤怠管理の顔認証は約1秒という速さで認証することが可能なので出勤時打刻の行列ができてしまうのを防ぐことが可能です。また、本人確認だけでなく検温やマスク着用の有無も同時に確認が可能です。設定した温度以上の場合やマスクをしていない場合などは警告を出すことが可能です。



6.顔認証と連携したゲート

物流倉庫では部外者の侵入を防ぐ対策も必要です。顔認証と連携したMOT/Cloud勤怠管理では、ゲートと連携することも可能です。

顔認証にて従業員と確認されなければゲートが開かないので、部外者の立ち入りを防止できます。部外者の侵入を防ぐことは様々なリスクの軽減に繋がります。コロナ禍の今では感染者が1人侵入するだけで、クラスターの発生リスクが高まります。従業員に感染者が出てしまうと各施設内の消毒や接触者の検査など業務に支障が出てきます。

勤怠管理システムは従来のアナログ管理に比べて工程の削減ができるので業務を効率化できます。システムを利用することで集計の自動化や事前把握など従来できなかったことが簡単に実現でき、効率化以外にも顔認証などを取り入れればコロナ対策も可能なので従業員の健康をより強く守っていくことが可能です。物流・運送業界の方は、顔認証を使った勤怠管理を検討してみてはいいかがでしょうか?
顔認証ができる勤怠管理「MOT/Cloud勤怠管理」の料金や詳細はこちら  



リース不要の低価格ビジネスフォン

お問い合わせ Contact

サービスの導入・検討にあたってのご質問・お見積り・資料請求は、
こちらから気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-972-164
受付時間:平日9:00 - 17:30