ホテル事業への新規参入で競合優位性を獲得する方法

ホテル・宿泊業

ホテル事業への新規参入で競合優位性を獲得する方法

ホテル事業への新規参入で競合優位性を獲得する方法

激しい競争率を誇るホテル事業に新規参入するなら、競合優位性を得られる経営戦略が必要不可欠です。ここでは、会社が用意するべきホテル運営の戦略について詳しく解説します。
「従業員の労働生産性を高めるには?」、「ホテル運営・経営の効率化を図るには?」「顧客の期待を上回るために重要なのは?」といった疑問を解決していきましょう。


コンテンツの目次

ホテルの新規参入成功するための2つのポイント

新規参入の会社がホテル事業で成功を遂げるには、以下の2つのポイントをクリアする必要があります。

・運営にかかるコストや労力を削減する
・顧客満足度を高める

一般的に、ランニングコストや労力などの負担要素を削減することは、運営者にとってメリットとなる反面、顧客にとってはデメリットになりやすいと言えます。

つまり、上記のポイントは矛盾した関係性を持つため、オープンしたてのホテルにとっては最初に乗り越えるべき大きな壁として立ちはだかるでしょう。

しかし、長いサービス産業の歴史では、不動の地位を築いている大手企業や新規参入後すぐに大成功を遂げた企業も多く存在します。
そのような企業に引けを取らず新規参入するには、まず「ITの導入」を検討することが大切です。
現代社会を支えるITの活用は、もはやビジネスの要と言っても過言ではなく、IT化による恩恵はビジネスを成功へと導いてくれるでしょう。


IT化によるメリットと既存ホテルの成功事例

ホテル事業におけるIT化は多くのメリットを生み出します。ビジネス成功のきっかけとなるその秘密を早速見ていきましょう。

【ITの導入によって得られるメリット】
・情報共有、データ分析の簡易化による業務効率アップ
・業務効率アップによる労働生産性の向上
・サービスにおける高付加価値化

ホテル事業にITを導入できると、運営を抜本的に効率化できます。
例えば、多くの人材と時間を必要とするデータ管理にITを活用できれば、労働生産性を高めて運営そのものの効率性アップを図れるでしょう。
また、ITの導入は運営者だけでなく、顧客へ対してもきめ細かなサービスとして提供できます。

ITの導入による成功事例には、以下のようなものがあります。

・自社システムの構築により低コストで機能的な運営を実現
・情報共有により従業員のマーケティング意識が向上
・営業担当の業務が効率化し、新規顧客獲得数が向上
・接客担当の業務が効率化し、顧客満足度が向上
・モバイル端末の活用できめ細やかなサービスを提供、顧客満足度が向上


顧客のニーズは何?満足・不満足の境界線を知ろう

競合優位性を発揮するために、独自の運営戦略を考案している会社は多いでしょう。
しかし、独自的な戦略は一歩間違えれば「自己満足」にもなりかねないリスクを秘めています。
そこで、失敗のリスクを軽減するために念頭に置いておかなければいけないのが「顧客のニーズ」です。

競合優位性は「他者と違っていれば良い」のではなく、最終的に「顧客満足度」を獲得して初めて形成される事業の強みです。
現代において顧客が何を求め、何に満足を得る(もしくは不満足と感じる)のかを正しく理解することで、自然と競合優位性を確立させていくことができるでしょう。

近年では、「運営の効率化」、「顧客満足度の向上」を目的としたタブレット、Wi-Fi導入が積極的に行われています。時代のニーズに応えて、新規事業を成功させましょう。


まとめ

新規参入でもITを駆使した運営戦略を立てられれば、成功へと繋げられます。運営者・顧客のニーズは一見矛盾したものに見えますが、それを可能とするのが事業のIT化と言っても過言ではないでしょう。顧客のニーズを念頭に置きながら、ITの活用法、運営戦略を練っていきましょう。



リース不要の低価格ビジネスフォン

お問い合わせ Contact

お問合せはこちら

メールでお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-972-655
受付時間:平日9:00 - 17:30

無料訪問デモのご依頼はこちら

無料訪問デモのお問い合わせ

全国ショールームでのデモも可能です。

ショールーム一覧はこちら
PAGE TOP