電話恐怖症で仕事ができない? | 診断チェックリストと治し方 - クラウドPBX モッテル

電話恐怖症で仕事ができない? | 診断チェックリストと治し方

業務の効率化

Q: 電話恐怖症で仕事ができない? | 診断チェックリストと治し方

A:
phone phobia

「仕事で電話を取るのが嫌。私はもしや電話恐怖症なんじゃないか」

と感じたことはありますか?仕事を進行させる上で電話が欠かせないとは言え、作業に対して異常な恐怖を感じてしまう「電話恐怖症」は、私たちの生活や仕事に大きな影響をもたらす可能性があります。本記事では、電話恐怖症の定義や主な症状、対処法、そして予防法について詳しく解説します。さらに、自分が電話恐怖症なのではと疑われる場合の診断チェックリストも紹介します。

1. 電話恐怖症とは

電話恐怖症

働く中で頻繁に利用する、電話というツール。

電話というのは、ビジネスの中で業務の円滑な進行やコミュニケーションの一部を担うもの。

しかし、中には電話に対する強い恐怖心を抱く人々が存在するのです。通称「電話恐怖症」。本当に電話だけに特化した恐怖症なのでしょうか。具体的にどのような症状を指すのでしょうか。

今回は、”電話恐怖症”について深掘りしていきます。

1.1. 電話恐怖症の定義

電話恐怖症とは、文字通り電話に対する過剰な恐怖反応を示すことを指す障害です。電話対応への不安、相手とのコミュニケーションに対するプレッシャーなど、様々な要素が電話というツールに対する恐怖を引き立て、それが過剰になり、人が普段から無意識的に感じている不安やストレスが顕在化すると電話恐怖症となります。そのため、電話恐怖症は一人ひとり異なり、個々の精神状態や環境、体調などによっても症状が変わるのです。

1.2. 職場での電話恐怖症の実例

職場では、電話恐怖症に苦しむ人々がいます。一例として、一日の予定が電話対応で埋まり、トイレに行く時間もないほど忙しい日。非電話時間帯にも続けざまにかかってくる電話の鳴り声に耳を塞ぎたくなるほどストレスを感じ、吐き気や手の震えが止まらない。電話を掛ける側も自然と声が震えてしまったり、苦手な相手への電話を先延ばしにするという行動に出てしまうなど、電話恐怖症の症状は様々です。

1.3. ストレスと電話恐怖症の関係

電話恐怖症は、個々のストレスの累積が大きく関係しています。日頃からのストレスのために心が疲弊し、電話というストレス源が恐怖となり、電話をかける、受けるのが怖くなってしまうのです。ストレス過多は、心身の不調を引き起こすので、適度なストレスのコントロールが重要であり、そういった疲労やストレスが積もり積もって電話恐怖症になってしまうこともあるのです。

2. 電話対応がつらい原因

NO

仕事をする上で欠かせない電話対応、しかし一部の職場で必須のスキルとなっている電話対応に対して恐怖心を抱く人がいます。その背後にはさまざまな原因が潜んでいることから、一概に電話が苦手だと言い切ることはできません。それでは、具体的にどのような原因があるのでしょうか?

2.1. 仕事上の電話対応をする際のプレッシャー

仕事上で電話に出る際、プレッシャー・ストレスを感じることは、非常に多いです。なぜなら、電話対応は直接的なコミュニケーション手段であり、相手の反応を読み取ることが難しく、かつ一貫性を保たなければならないからです。また、電話での問い合わせやクレーム処理には速やかな対応が求められるため、細部に至るまでの知識が求められます。そのため、未経験者や知識が浅い場合等は、電話対応に強いストレスを感じます。

2.2. 電話によって起こるトラブルが嫌

電話対応の時に発生するトラブルも、人々が電話に対して恐怖を感じる原因の一つです。電話でのコミュニケーションでは視覚的な情報が欠けており、誤解や勘違いが生じやすくなります。また、押し問答や解釈の違いによる意見の食い違いなど、心理的な負担を強いる要素が多く存在します。これらの要素によって、電話対応はストレスの源泉となることが多いのです。

2.3. 電話恐怖症を甘えと考える人もいる

電話恐怖症は実際に存在する症状であり、それを甘えと切り捨てることは適切ではありません。しかし、誤解や偏見から、電話恐怖症を「社会人として基本的なことができない甘え」と見る人もいます。甘えと考える視点は、電話恐怖症を抱える人々にとって負のプレッシャー・ストレスとなります。本当に電話が苦手な人々は、自信を失い、孤立感を感じることが多いです。そのため、電話恐怖症を理解し、気遣いを持つ必要があるのです。

3. 電話恐怖症の症状

ドクターと会社員

電話恐怖症とは具体的にどのような症状が現れるのでしょうか。

3.1. 電話恐怖症の主な症状

電話恐怖症の主な症状は、心理的な症状と身体的な症状に大きく分けることができます。

心理的な症状としては、電話に出ることや電話をかけることに対して不安感を覚え、過度にストレスを感じてしまいます。また、電話をかける際に何を話したらいいかわからない、話し方が塞がってしまうなどの症状が現れます。

身体的な症状としては、心拍数の上昇、息苦しさ、吐き気、震えなどがあります。また、電話対応を続けると、ますます自信を失い、自己否定感や絶望感が強くなることもあります。これらの症状が重なることで、日常生活に支障を来すこともあります。

3.2. 電話恐怖症の症状が仕事に与える負の影響

電話恐怖症の症状は、仕事にも大きな負の影響を及ぼすことがあります。

特に、電話対応が主な業務となる職種においては、電話を受ける恐怖や電話をかける恐怖は、業務遂行に大きな障害となります。

また、常に電話に対する不安やストレスを抱えているため、仕事の効率が落ちたり、ミスが多発したりする場合もあります。さらに、電話恐怖症は、他の社員に対しても影響を及ぼす可能性があります。

特に電話対応が必要な業務は他の社員に回されることになり、業務負荷の偏りが発生することで仕事場全体の効率が低下する可能性があります。

3.3. 電話恐怖症の症状が私生活にも支障をきたすことも

電話恐怖症の症状は私生活にも支障をきたすこともあります。

例えば、友人や家族からの電話にも恐怖を感じ、コミュニケーションを避ける傾向にあります。また、予約や問い合わせなど、生活に必要な電話がかけられなくなることもあります。

電話による連絡が必要な場合には、代わりにメールやSNSなどのツールを使用して対応しようとする傾向にあります。

しかし、それが原因で人間関係が壊れたり、信頼関係が損なわれることもあるのです。電話恐怖症の症状は、日常生活や人間関係にも多大な影響を及ぼすため、適切な対処が必要です。

4. 診断チェックリスト

Checklist

電話恐怖症が疑われる場合、自己診断の一環として参考になるチェックリストをご紹介します。まずは自己チェックで自身の状態をよく理解し、早期対策に繋げることをお勧めします。

4.1. 電話恐怖症診断チェックリスト

以下の電話恐怖症の自己診断チェックリストは、電話に抵抗感がある人の抱える状況のチェックリストです。

電話恐怖症 自己診断チェックリスト

上記の中で4つ以上当てはまれば、電話への抵抗感が強いといえます。

また、日常生活や仕事に支障をきたすほどの心的ストレスや身体的症状が見られる場合があるかも大切な診断ポイントとなります。

4.2. 電話恐怖症の疑いがあったらどう対処?

電話恐怖症が疑われる場合、自己診断チェックリストだけでなく、専門家の意見を求めることも大切です。特に、日常生活に支障をきたすほどの強い恐怖感がある場合、心理カウンセラー、心療内科などの専門家に相談することをおすすめします。

また、勤務先がある場合は、上司や人事部門に相談するなど職場環境改善の一環も重要です。自分一人で抱え込まずに、周囲の理解やサポートを得られるようにすることも大切です。

4.3. 電話恐怖症でなく発達障害が原因のことも

電話恐怖症だと思われる症状は、発達障害に由来することもありますので注意が必要です。例えば、ADHD(注意欠陥・多動性障害)、自閉スペクトラム症(ASD)など、こうした発達障害は社会でのコミュニケーションを難しくさせる特性を持ち、それが電話への恐怖として現れることがあります。

もし以下の「発達障害の人の電話対応にありがちなこと」のチェックリストを読んでみて、当てはまる部分がいくつかあるようであれば、心療内科や精神科などの受診をおすすめします。

ADHDの人がよく抱える電話対応の特徴

HSPの人がよく抱える電話対応の問題

おすすめ相談先

東京都発達障害者支援センター

5. 電話恐怖症を克服する対処法

solution

電話恐怖症は仕事上必要不可欠なスキルの一つである電話応対能力に影響を及ぼします。如何にしてこの状況を改善し、自信を取り戻し、日々の業務をスムーズに遂行できるようにするか、それが問われるのです。以下に、電話恐怖症を克服するための具体的な対処法を探っていきましょう。

5.1. 電話対応への恐怖を緩和するテクニック

電話対応を気持ちよく行うために必要なテクニックとは何でしょうか。

それは恐怖心を理解し、自己受容し、相手への思いやりを持つことから始まります。

まず一つ目のポイントとしては、自分の恐怖心を理解することです。電話に対する不安感を探ることで、具体的な原因を特定しやすくなります。二つ目に自己受容があります。厳しい自己評価を改め、恐怖態度を受け入れ、自分を支持し続けることで自己肯定感が得られ、自信を持って挑戦することができます。最後に、相手への思いやりを持つことです。

電話をかけてくる相手も何かしらのストレスを抱えているでしょう。そんな相手に対する思いやりの気持ちを持つことで、対話の質は格段に向上し、結果として恐怖心も軽減するのです。

5.2. 仕事中のストレスの対処法

仕事中のストレスが電話恐怖症を増幅させてしまうこともあります。そこで重要なのが、仕事中のストレスを上手に管理する能力を養うことです。ストレス解消法として、深呼吸や軽い運動、リラクゼーションなどのテクニックが効果的です。また、食事や睡眠、日々のライフスタイルを見直すことも、ストレスを軽減し、心地よく業務に取り組むためのカギとなります。

5.3. 電話恐怖症の専門的な治療法

電話恐怖症の程度によりますが、専門的な治療が必要な場合もあります。心療内科や精神科でのカウンセリング、認知行動療法、薬物療法などが挙げられます。

特に、認知行動療法は電話恐怖症の治療に有効とされています。

認知行動療法では、電話に対する恐怖心を抱く原因となる思考パターンを改善し、新たな思考パターンを養います。具体的な手法としては、逐次的に電話に対する恐怖レベルを下げていくグラディエントデセンシティゼーションなどがあります。

また、薬物療法が必要な場合もあります。とはいえ、薬物療法はあくまで一時的な対策に過ぎないため、自己管理能力の向上や生活改善が基本となります。

6. オフィスでの電話恐怖症の対処法

電話番

日本で働く多くの社員が一日の中で何度も行う電話対応。しかし、中にはこの電話対応に大きなストレスを感じてしまい「電話恐怖症」に陥る人が少なくありません。

本章では、電話恐怖症を抱える人がオフィスでどのように対処したら良いのか、効果的な解決方法を提案します。私たちは、あなたが日々の仕事の中で抱え込む電話への恐怖心を緩和させ、より快適に職場環境で活躍する方法を探求します。

6.1. 職場での電話対応の改善策

まず、職場での電話対応が恐怖となってしまう一つの要因は、電話に対する不慣れさや苦手意識からくるものであることが多いです。

そこでまず行うべきことは、電話の基礎スキルをしっかり学ぶことです。電話対応のコミュニケーションスキルを身につけることで、相手との会話に自信を持つことができるようになります。また、電話を通じた職場の人間関係についても理解を深めることは大切です。

また、自分から積極的に対話をして、適切なフィードバックをもらって対応の質を高めていくことは、自身が電話の恐怖心を取り除く前向きな手段となります。一方で、電話対応が苦手な気持ちを押し隠すのではなく、周囲に適度に打ち明けることも重要な改善策と言えるでしょう。上司や同僚に自身の状況を理解してもらい、助けてもらうことで日々の電話対応のプレッシャーを軽減することが可能になります。

電話苦手

電話が仕事の中でも苦手・嫌いな人へ | 対応の改善・克服方法策を解説!

記事を読む

6.2. 同僚や上司とのコミュニケーション

オフィスでは同僚や上司とのコミュニケーションが不可欠であることを忘れてはいけません。電話恐怖症の方は、電話を使うことに強い抵抗感を抱いてしまうため、電話でやり取りをして、人間関係の構築や維持をすることが苦手です。

ここで重要なのは、直接対話ではなく、チャットやメールなどの他のコミュニケーションツールを上手に活用することです。

また、直接会話が必要な場合でも、事前に会話の内容をメモにまとめたり、自分が話す内容を整理するなどの準備を行なっておくと良いでしょう。

なお、これらの対策は一時的なものであり、最終的には自分自身が電話対応できる力をつけることが最善の解決法であることは忘れないべきでしょう。

6.3. 気持ちを理解してもらうためのアドバイス

最後に、電話恐怖症の人が抱える問題の大きさを理解しきれていない人も多いのが現実ですので、自分自身の気持ちを理解してもらうために必要な行動についてアドバイスします。

まず、電話恐怖症であることをきちんと周囲に伝えることです。当たり前のことでも、自分が電話に抵抗感を持っていることを正直に言うことで、周囲の配慮や理解を得ることができます。

ただ、相手が十分理解できない場合もあるので、自分がどう感じているのかを具体的に説明することも重要です。たとえば、「電話をすると突然の質問に答えられなかったり、相手の反応が読み取れなかったりすると不安になる」など、具体的な症状や感情を語ると良いでしょう。

また、自分自身の気持ちを理解してもらうためには、他人が同じような経験をする可能性を認識することも大切です。これにより、自分が電話恐怖症であることに対する理解を広め、職場環境全体を改善する一助となります。

7. 電話恐怖症の予防法

I'm not afraid of phone phobia

電話恐怖症は一見取るに足らない問題のように思えるかもしれませんが、実際には日常生活や業務効率に大きな影響を及ぼす問題です。また、一度発症すると、自己の能力を疑ってしまうことで、更なるストレスを増長させてしまうこともあります。そのため、早期に対策を講じ、悩みを未然に防ぐことが重要となります。

7.1. ストレスを減らすライフスタイルを目指す

電話恐怖症の予防には、ストレスを軽減させるライフスタイルへのシフトが推奨されます。

具体的には、適度な運動やリラクゼーションを取り入れた生活、バランスの良い食事、睡眠時間の確保などが有効です。これらは電話恐怖症だけではなく、他の心の病気にも予防効果があるので、健康体の維持にも一役買えるでしょう。

また、ストレスが溜まりやすい方は、例えば、休憩中や通勤時間に深呼吸を行うなどして、心地よいリラックス時間を確保すると良いです。

7.2. 日常生活での電話恐怖症予防策5選

1. スマホを常に持ち歩かない

2. 電話恐怖症であることをオープンにし、相手にも理解してもらう

3. より良いコミュニケーションを図る

4. 自己肯定感を高める

5. 睡眠を充分にとる

上記の5つは電話恐怖症の予防策として有効です。特に、電話ができない自分を卑下することなく、「できないことを自覚して対策仕様としているから、前より進歩しているんだ」と自分自身を肯定することは、自己価値を向上させるためにも強く推奨します。

また、無理に電話をする必要はありません、メール等他のコミュニケーションツールを利用することも予防につながります。

8. 電話恐怖症なら「電話代行」を頼るのがおすすめ

電話代行サービス

電話恐怖症の人が働く環境で特に問題となるのが、職場での電話業務です。顧客や取引先との連絡を取るために、電話を頻繁に使う必要がある職場では、電話恐怖症は大きなストレスとなります。ここまでの議論は、電話恐怖症を持つ人々がどのように克服するかについてでしたが、中には電話恐怖症を完全に克服することが困難な人もいます。そこで、会社の中のすべての社員が業務に専念できるよう、ある一つの方法をおすすめします。

それが「電話代行」です。

8.1. 電話恐怖症の放置により離職につながることも

電話恐怖症は、放置すればするほど深刻な問題に発展します。そうなってしまった時、取るべき最終手段が「離職」かもしれません。それだけ、電話恐怖症は生活に影響を及ぼします。

じつは電話恐怖症の中には、私用であっても電話をかけるときなどに電話自体を避けるようになる人が少なくありません。その結果、自身の業務・私生活に大きく影響を与えることとなり、場合によっては就労自体が困難となるのです。

実際に、電話恐怖症が原因で職を辞める人もいると言われるほど、影響は深刻です。そうなる前に、一度電話恐怖症と向き合い、対策を考えることの重要性を理解していくことが大切です。

電話が嫌で辞める若者

【参考記事】電話が嫌で辞める若者が増える理由 | 電話離れの原因と引き留め策も!

記事を読む

8.2. 電話恐怖症が原因で仕事を辞めないようにするには「電話代行」

電話恐怖症を抱え、職業生活が困難になったとしても、すぐに職を辞めることを考える必要はありません。

なぜなら、電話代行という選択肢が存在するからです。

そもそも電話代行とは、専門のオペレーターがお客様の代わりに電話対応を行ってくれるサービスです。

電話代行を利用することで、電話業務を全く行わなくても内容を理解し、適切に対応することが可能となります。

代行業者によっては電話対応だけでなく、電子メールやファクスによる対応も行ってくれます。このように電話恐怖症の人でも、仕事で必要になる業務を電話に邪魔されることなく、まっとうできるようになるのです。

だからこそ、電話恐怖症が原因で仕事を辞めないよう、電話代行を活用するのがおすすめです。

↓↓電話代行サービスの比較なら以下の記事がおすすめ↓↓

電話代行比較

【参考記事】【比較32選】電話代行サービスを徹底比較!選ぶ際に重要なポイントはどこ?

記事を読む

8.3. 電話代行サービスを導入して「電話業務」を削減しよう!

電話代行サービスを採用することで電話業務を削減し、生産性の向上が期待できます。

また、電話対応にストレスを感じ、仕事の負担が増えることから解放されるでしょう。

電話代行業者はプロのオペレーターが常駐しているため、ビジネスマナーや言葉遣いに配慮したきめ細やかな対応が期待できます。電話恐怖症の方だけでなく、忙しい日々を送る方にとっても、その負担を軽減する一助となるでしょう。

電話番

電話代行サービスの中でも、高品質でおすすめなのが「オフィスのでんわばん」です。

オフィスのでんわばんには、以下の様な他社と異なるメリットがあります。

オフィスのでんわばんのメリット

1. より業務に専念できる環境を作れる

オフィスのでんわばんは、VALTECコールセンターが企業宛の電話を一次受け止め、重要な連絡だけを社員に通知します。

社員の状態は、WEB上の管理システムから個々に設定でき、例えば接客中で電話に出られない時は、その旨を設定してオペレーターに任せることができます。商談中でも、重要な連絡はメールや専用チャットで受け取れるので安心です。

2. ビジネスフォンの必要性削減

オフィスのでんわばんは、クラウド電話の「MOT/TEL」と連携し、スマホアプリを通じて固定電話番号での通話や内線接続が可能です。

MOT/TELを活用することで、ビジネスフォンや交換機の購入・メンテナンス費用を節約できます。

3. 折り返し通話の削減

「電話の取り次ぎ」がデフォルトでできるオフィスのでんわばんは、折り返し電話の必要がないため、顧客満足度を上げることにつながります。

外出中でもスマホから企業の電話番号で通話できるため、折り返し通話のための帰社は不要です。

4. 転送コストの削減

オフィスのでんわばんは、転送・取り次ぎ通話時に通話料がかかりません。

通常の電話代行サービスと違い、VALTECコールセンターと企業が「MOT/TEL」を使用し内線で繋がるため、転送料は無料で、月額費用以外に追加の通信コストがかからない点が魅力です。

詳しくは以下の画像をクリックして詳細を確認してみるとよいでしょう。

   電話番

電話業務は日ごろの業務に欠かせない仕事の一部です。

振り回されることなく、本当の仕事に集中できるよう、ぜひとも電話代行サービスの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

お気軽にお問合せ下さい

電話受付:平日9:00~17:30
4802848028

リース不要の低価格ビジネスフォン

資料を今すぐ入手

次世代ビジネスフォン「MOT/PBX(モット)」の詳しい資料
導入実績27,000社超 「MOT/PBX(モット)」概要資料
今すぐ無料でダウンロードいただけます。

    お問い合わせ Contact

    サービスの導入・検討にあたってのご質問・お見積り・資料請求は、
    こちらから気軽にお問い合わせください。

    お電話でのお問い合わせはこちら

    0120-972-164
    受付時間:平日9:00 - 17:30