プレミアムフライデー導入に必要な条件とは|IP-PBXならMOT/PBX

業務の効率化

プレミアムフライデー、自社で導入を提案・決意する条件を考えてみた。

プレミアムフライデーで効果!金曜から旅行をたのしむ人々
2016年12月12日、YahooニュースやTwitterなどである言葉が大いに使われました。その言葉とは「プレミアムフライデー」です。このプレミアムフライデーを実施する日程が2月24日からと決まったため盛り上がりました。

”プレミアムフライデー!” 皆様も最近耳にする機会が増えた事と思います。このプレミアムフライデーの導入背景もそうですが、そもそもどういった制度なのか、自社で導入を上司に提案、経営者様が導入を決定する条件などを私どもの視点からご紹介していきます。

コンテンツの目次
  1. プレミアムフライデーとは
  2. プレミアムフライデーがもたらすもの
  3. 今の仕事量を減らさずにプレミアムフライデーを導入するには

1.プレミアムフライデーとは

2016年12月12日、以下の記事がYahooニュースに掲載されました。
経済産業省や経団連、小売り、旅行などの業界団体でつくるプレミアムフライデー推進協議会は12日、初会合を開き、毎月末の金曜に消費活動を促す「プレミアムフライデー」を来年2月24日から実施すると決めた。買い物しやすいように従業員の終業時刻を早める取り組みも進めるという。
プレミアムフライデーとはそもそもどういった制度なのでしょうか?

経済産業省にはこのように書かれています。
個人が幸せや楽しさを感じられる体験(買物や家族との外食、観光等)や、そのための時間の創出を促すことで、
(1) 充実感・満足感を実感できる生活スタイルの変革への機会になる
(2)地域等のコミュニティ機能強化や一体感の醸成につながる
(3)(単なる安売りではなく)デフレ的傾向を変えていくきっかけとなる
といった効果につなげていく取組です。

引用:経済産業省
具体的には月末の金曜日の仕事を3時までにするという内容です。土日休みの企業が多く、金曜日3時までの仕事時間であれば2.5日分の休みがあるようなものになります。

通常の勤務時間だと旅行に行くのは土曜日の朝からになりますよね?しかし、プレミアムフライデーが実施され午後3時に終了すれば金曜日の内に出発し、現地に金曜日に到着することも可能です。

土日休みだけだと旅行もためらっていた人が金曜3時に終わるなら・・となってくれれば地域の消費が活性化します。旅行以外でも「早く終わるなら飲んで帰ろう」や「買い物していこう」などと消費が増加するでしょう。これがプレミアムフライデーの最大の目的です。

プレミアムフライデーの共通ロゴマークも作成され、申請すれば誰でも利用することが出来ます。
参照:プレミアムフライデー事務局

ちなみに、プレミアムフライデーの導入企業や参加企業は増えています。
旅行代理店の中にはプレミアムフライデーで使えるクーポンを配布したり、特典を付けるサービスを続々発表しています。
また、過去には住友商事・USEN・大和ハウス工業・ソフトバンク・野村HDなど様々な企業が賛同・導入を発表されましたがプレミアムフライデーの導入が浸透したとは言えず今後盛り返していくのかにも注目です。


2.プレミアムフライデーがもたらすもの

消費喚起の狙いももちろんありますが、ノー残業デーを効果的に導入するためのポイントでもご紹介したとおり、この様な取り組みは長時間労働是正の狙いもあります。

通常6時頃が定時で残業をしてとなると7時、8時ごろまで仕事をしてという習慣を毎日行っている方が多いでしょう。
時間の考え方も8時などの残業ありきで考えていませんか?この考えを是正することが第二の目的です。

上記の記事でもご紹介しましたが、日本人はドイツの方々と比べ時間の使い方が下手なようです。長時間労働を当たり前とした考え方が多いのでここを改善していくことが毎日ノー残業デーや毎週プレミアムフライデーの実現に近づくポイントでしょう。

飲食店やデパートの方々から見ると消費の活性により人員増加、そして一人一人の負担軽減を行うことも可能です。
プレミアムフライデーを利用してデパートで買い物する女性


3.今の仕事量を減らさずにプレミアムフライデーを導入するには

プレミアムフライデーをしっかり導入することは未来の社員へのアピールにもなります。今後労働人口は減少し有能な社員を確保することが難しくなってきます。労働環境が良いことは非常に強いアピールポイントになります。今後プレミアムフライデーをしっかり実施出来るという企業が就活生から人気になるファクターになるかもしれません。

未来の優秀な社員確保という面でも、現在働いてくれている社員の労働環境改善のためにも是非とも取り組みたいプレミアムフライデー。しかし、ただ単純に時間を減らしただけではその後にしわ寄せが来たり利益の減少に繋がりかねません。そうならないために事前準備が必要です。

具体的にどういったことを準備すればいいのかわからないという方にオススメなものは、普段の作業を時短出来るサービスを導入することです。

例えば、無駄な作業として挙げられるのは
  • ・必要以上の報連相
  • ・電話対応
  • ・帰社
報連相は社会人としての基礎的なコトですが必要以上に行うことは無駄です。そこで簡単に報連相が出来るビジネスチャットを導入することは有効でしょう。 また、電話対応も1日の中で多くあるかと思いますが、無駄な作業としては取次や折り返し対応の連絡などがあります。外出が多い社員でも今ではスマートフォンから会社の番号を使って電話のやり取りが出来、直通の番号を持つことも可能なので取次が削減されます。 外出先でも会社番号の受発信FAXの送受信などがスマホから可能となるサービスもありますのでプレミアムフライデーの導入を検討する際は普段の働き方の改善も検討してみてはいかがでしょうか?
また、当サイトのようにお客様に役立つ情報を随時配信していますのでメルマガ登録もお待ちしています。




リース不要の低価格ビジネスフォン

お問い合わせ Contact

お問合せはこちら

メールでお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-972-655
受付時間:平日9:00 - 17:30

無料訪問デモのご依頼はこちら

無料訪問デモのお問い合わせ

全国ショールームでのデモも可能です。

ショールーム一覧はこちら
PAGE TOP