勤怠管理システムで不動産の営業が簡単に

不動産業

勤怠管理システムで不動産の営業が簡単に

勤怠管理システムで不動産の営業が簡単に
勤怠管理で苦労している総務担当や店長なども多いのでないでしょうか。
タイムカードや出勤簿などのアナログな管理の仕方をしている企業も多いです。そこで今回は勤怠管理のシステム導入で営業効率を向上させる方法をご紹介致します。


1.タイムカードや出勤簿では無駄がたくさん

タイムカードや出勤簿で管理することは一見そこまで無駄のない方法だと思ってしまいますが、実は無駄が多いのです。
例えば出勤時間が重なり、タイムカードを押すために列になっていませんか?その列に並んでいる時間が例え、1分だとしても、1分×人数×1年間で計算するととんでもない経費(人件費)を支払っていることになります。またこれを避けるために早く来る社員がいたら睡眠時間の削減→仕事能率の低下へとつながる場合もあります。
また、タイムカードの情報を総務や店長がExcelにまとめたりする作業も短時間ではありません。さらにタイムカードなどの情報だと不正が出来てしまいます。不正に人件費が発生している状況が当たり前になっているかもしれません。
さらに、外出が多い営業などは電話で出退勤を行ったり、わざわざ事務所に戻ってきてタイムカードを押したり非常に非効率です。営業の非効率は営業さんのやる気にも直結しますので至急改善が必要です。


2.勤怠管理システムで改善する

タイムカードや出勤簿などのアナログ管理から勤怠管理システムなどのデジタル・システム化をするとどう改善されるのでしょうか? 勤怠管理はおおよそクラウド型のサービスとなっており、PC・スマホなどでインターネット経由で場所を問わず出退勤が可能です。わざわざ事務所に戻ったり、一度事務所に出勤したりといった非効率な営業を改善できます。直行直帰でも管理が容易になり、総務や店長などの管理側も簡素化出来ます。
勤怠管理システムで行った出退勤データは一括で管理や労働時間の計算が可能です。
煩わしいExcelに移す作業や計算などが不要なので業務の効率化が図れるのは間違いありません。
勤怠管理システムで不動産の営業が簡単に


3.電話サービスとセットになった勤怠管理システム

勤怠管理システムはクラウドタイプのサービスで場所を問わず利用できますので、テレワーク、リモートワーク、直行直帰などに向いています。
しかし、テレワークにしろ、リモートワークにしろ、直行直帰にしろ勤怠管理があればできるというわけではありません。社内と同じような業務を行えるか?社内と同じようにコミュニケーションが取れるのか?が実際には越えなければならないハードルとなっています。
通常の勤怠管理システムでは勤怠管理機能のみのご提供ですが、弊社のMOTでは勤怠管理に加えて、内外線の電話機能ビジネスチャットインターネットFAXなどがセットになったサービスとなっています。その為、MOT1つでテレワークなどの働き方改革を行うことが出来ます。
この機会に検討してみてはいかがでしょうか?


リース不要の低価格ビジネスフォン

お問い合わせ Contact

お問合せはこちら

メールでお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-972-655
受付時間:平日9:00 - 17:30

無料訪問デモのご依頼はこちら

無料訪問デモのお問い合わせ

全国ショールームでのデモも可能です。

ショールーム一覧はこちら
PAGE TOP