ビジネスチャットの導入で営業効率を爆発的に高める

不動産業

ビジネスチャットの導入で営業効率を爆発的に高める

【不動産業必見】ビジネスチャットの導入で営業効率を爆発的に高める
スマホを持っている社会人でLINEなどのチャットツールを全く使っていないという人はいないのではないかと思う程、チャットツールは日本に溢れています。
しかし、そのほとんどが一般消費者向けのアプリとして提供されています。冒頭のLINEも一般消費者向けのアプリの代表です。そのいわゆる個人向けのLINEを業務で使うことに問題はないのでしょうか?
このページでは個人向けのチャットツールを使い続ける危険性とビジネスチャットを導入するメリットについてご紹介致します。


1.LINEを使い続ける危険性

個人用チャットとビジネス用チャット 比較でもご紹介しましたが、日本国内におけるLINEの普及率は高く、2013年の時点で70%を超えています。おそらく現在では8割を超すものと考えられます。
ほとんどの人が利用しているため、業務利用も増えているのではないでしょうか?
社内のグループや部毎にチャットグループを作ったりして日ごろの活動状況の報告であったり、質問やお客様情報のやり取りなどをしていることでしょう。

しかし、この便利さこそ最大の罠なのです。
個人用チャットを業務利用する上でデメリットとして一番挙げられることが、セキュリティ面です。サーバーの乗っ取り、アカウントの乗っ取りなどアプリ自体の脆弱性だけでなく、単なる送り先の間違いなども含めると様々な問題が存在します。
アプリ自体の脆弱性については防ぎようがないものもあるので個人用のセキュリティが弱いとされるアプリは使わないという方法しかありません。
送り先の間違いに関しては、私用の連絡も仕事の連絡も同じアプリで行っているために発生するため私用と仕事用を分ければ防げるものです。

上記のことからも個人用のチャットアプリは業務で利用すべきではないと言えるでしょう。 『ビジネスチャット』の資料をダウンロードする  


2.ビジネスチャットの導入でセキュリティ面を担保する

通常ビジネスチャットは個人用と違いセキュリティ面に違いがある。例えば文章の暗号化や本部側で一元管理などが可能です。
ただし、アプリごとに管理や制限のできる範囲が異なる為、自社がどの程度のセキュリティレベルを求めているのかしっかりと把握しておきましょう。
また、ビジネス用に専用のチャットツールを用意してあげることで送信先を間違える可能性を低く出来ます。


3.MOTのビジネスチャット

当社のコミュニケーションツールであるMOTの標準機能にもビジネスチャット「MOT/Cha」があります。LINEに似た使い勝手ながら、セキュリティ面はしっかり対策されています。
文章の暗号化はもちろんですが、アカウントを登録できるのは自社の社員だけ。その為、誤送信しても、お客様情報などの大事な情報を社外へ流出させることはありません。
また、テキストだけでなく位置情報・Word・Excel・PowerPoint・音声データなど幅広く共有が出来るため、利便性も向上します。
【不動産業必見】ビジネスチャットの導入で営業効率を爆発的に高める


4.不動産業でビジネスチャットを利用する

例えば、不動産業であれば、営業マンがそれぞれの経験に基づいて活動しています。新入社員や若手社員は営業面でわからないことが多いにもかかわらず、なかなか上司や先輩に質問を直接しにくく、情報の共有が容易ではない環境にあります。また、一人が質問して答えてもらっても、その質問した社員にしか伝わらず、他の社員から同じ質問をされる可能性もあります。
そのような環境を変えられるツールがビジネスチャットです。
ビジネスチャットが導入されれば、若手社員が質問しやすい環境が提供されます。また、若手社員と先輩社員のグループなどを作成し、そこで質問と回答を行うことで、他の社員へも情報が伝わり、店舗や会社として営業ノウハウが蓄積していき、契約率の向上なども見込めます。
【不動産業必見】ビジネスチャットの導入で営業効率を爆発的に高める
MOTにはビジネスフォンに代表される電話機能インターネットFAXなどの機能も標準で利用できますのでコスト的にも安く導入が出来るサービスとなっています。
この機会にMOTのビジネスチャットを検討してみてはいかがでしょうか?


リース不要の低価格ビジネスフォン

お問い合わせ Contact

お問合せはこちら

メールでお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-972-655
受付時間:平日9:00 - 17:30

無料訪問デモのご依頼はこちら

無料訪問デモのお問い合わせ

全国ショールームでのデモも可能です。

ショールーム一覧はこちら
PAGE TOP