ホテルのスマホ、タブレットを内線化するメリット

ホテル・宿泊業

ホテルのスマホ、タブレットを内線化するメリット

ホテルのスマホ、タブレットを内線化するメリット

客室のスマホを内線化することで、宿泊客向けのサービスを充実させるだけでなく、維持費がかかる割に利用されない従来の客室電話が不要になります。また、スタッフ間の通話やバックオフィスとの連絡も内線で可能になります。その仕組みを紹介いたします。

コンテンツの目次

ホテル・宿泊施設におけるスマホ内線化の流れ

CT技術が発達したことで、これまで客室に備え付けられた電話機でしか行うことができなかったフロントコールや客室間の通話、外線発信がタブレットやスマートフォン(以下、スマホ)でも行う動きが始まっています。
既存の客室電話機に代わってスマホやタブレットを設置することでどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

ゲスト(宿泊客)のメリット

備え付けの客室電話機と違い、持ち運びが可能なため館内のどこにいても、フロントへ連絡ができたり、施設やレストランへの予約が可能になります。
フロントからお客様に連絡を取る場合にも、客室に不在で連絡が取れないといったことが少なくなります。

ホテル(スタッフ)のメリット

スタッフが持つスマホを内線化できるため、館内を移動中や外出中でも内線番号だけで通話することができます。また、外線着信時に電話をつないだまま担当者へ転送する機能(保留転送・パーク保留)が可能になるため、折り返しの連絡をする必要がなくなります。
スタッフ向け機能に特化したMOT/Hotel Liteでは、内線通話や客室清掃管理システム、ルームインジケーターを月額1,500円(税別)から使うことができます。

提供タイプ別メリット、デメリット

ホテル スマホアプリインストールイメージ

ゲスト向けアメニティとしてスマホを内線化した場合、提供方法として次の2つがあります。
(1)端末自体を客室内に設置
(2)端末はお客様自身のもので、アプリとして提供
(1)の場合、端末を持っていないお客様でもご利用いただくことが可能になりますが、盗難や故障による買い替え、修理の負担がホテル側にかかります。また、導入時の購入費用が投資コストとしてプラスされるといったデメリットがあります。
(2)の場合、宿泊されるお客様自身の端末にアプリをインストールするため、ホテル側で購入する必要がなくなり、初期の投資が少なくて済みます。また、チェックアウト後もアンインストールされない限り、アプリ自体は端末内に残るため、プロモーション・販促活動に利用することもできます。
スマホを持っていないお客様のためにチェックイン時に貸し出す、もしくは客室タブレットと併用する、といった方法を取ることもできます。

提供タイプ別メリット、デメリット

近年、客室にタブレットを設置し、多言語対応、館内案内、観光案内を表示するホテルが増えてきています。
ただし、一般的にはタブレットは情報の表示のみの役目しか果たさないため、客室電話は残したままにしなければならず、タブレット分の導入、管理コストが増えてしまいます。
MOT/Hotel Phoneのような通話機能を備えたタブレット端末であれば、客室電話をなくしても、タブレットだけで客室電話の内線化が可能になります。
スマートフォンの操作に不慣れな方でもタブレットであればタッチパネルで簡単に操作でき、 次の写真のようにタブレットに受話器を取り付けることで、通話しやすく、おしゃれに室内に設置することができます。

ホテル タブレット内線通話



リース不要の低価格ビジネスフォン

お問い合わせ Contact

お問合せはこちら

メールでお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-972-655
受付時間:平日9:00 - 17:30

無料訪問デモのご依頼はこちら

無料訪問デモのお問い合わせ

全国ショールームでのデモも可能です。

ショールーム一覧はこちら
PAGE TOP