お洒落なオフィスにしたい【オフィス内編】

業務の効率化

お洒落なオフィスにしたい【オフィス内編】

お洒落なオフィスで働く人たち

大手企業や有名企業のオフィスはとてもお洒落なことが多いですよね。お洒落なオフィスというだけでなぜか気分が上がるものです。 そこで中小企業でもお洒落なオフィスにするにはどうしたらよいのかご紹介致します。

コンテンツの目次

1.おしゃれなオフィスとは?

そもそもお洒落なオフィスとはどのようなオフィスでしょうか?カラフルな見栄えの良いオフィス?それとも煌びやかな装飾のあるオフィス?答えはどちらも違います。
お洒落なオフィスとは「働きやすい」「働く人がやる気になる」オフィスだと言えます。見栄えの良いオフィスにしたいがために社員が働きにくいデザインにしてしまわないように注意しましょう。


2.おしゃれなオフィスの効果

お洒落なオフィスにすると下記の効果があります。
・社員のモチベーションアップ
・お客様の印象UP
・優秀な社員の獲得
・作業効率UP


お洒落なオフィスであれば誰でもモチベーションは上がりますね。また、働きやすいオフィスにすることで作業効率は上がり業績UPにも繋がる可能性があります。
来社した際の企業イメージ向上にも繋がりますが、注目すべきは優秀な社員の獲得です。

就活生(学生)は業種・働いている人・年収など様々な尺度から企業を見ています。その項目にオフィス(働く環境)は入っているのです。 こんなオフィスで働いてみたいと感じてもらえれば今まで見向きもしなかった学生も応募してくるかもしれません。人手不足が叫ばれる日本社会において学生にアピール出来る点があるのは強みになります。


3.社員が働きやすいオフィスにする為には

お洒落な働きやすいオフィスにする為にはどのようにすればよいのでしょうか?働きやすさとは柔軟さでもあります。よく耳にする制度「フレックス制度」「フリーアドレス」なども働く時間を柔軟にする、フリーアドレスは働くデスクを柔軟にするという制度です。
この柔軟さを可能に出来るようにオフィスを変えてきます。

フレックス制度を導入する場合、勤怠の管理が複雑になります。残業時間が何時以降という画一的なものではなくなるので、何時間以降働いた時間は残業というような対応が出来る勤怠管理システムなどを導入するのも1つの方法でしょう。

フリーアドレスを導入する場合、どのデスク・場所でも同じように業務が可能でなくてはいけません。現在ではほとんどの業務がPCで行われています。その為、社内Wi-Fiなどを設置しどこでもインターネットにつながる環境にすることが求められます。そしてパソコンでは通常出来ない業務と言えば「電話」です。
携帯電話があるので個人間のやり取りは不便ではないと思いますが、企業の電話となると置き型の電話機以外利用出来ないことが多いですね。そこでおススメなのがスマホ・PCをビジネスフォン代わりに利用できるようにするサービスです。

様々なサービスがクラウドで提供されていますが、ビジネスフォンの機能もクラウドで提供されています。月額3,980円~利用することができ、事務所内はもちろん外出先でもどんな場所でも会社の電話を受けたり、発信したりすることが可能になります。
このサービスを利用すればフリーアドレスも導入可能です。
クラウド電話サービスはこちら


4.レイアウト変更から始める

フリーアドレスでは毎日近くの社員が変わります。そのため視線が合うようなテーブルはあまりお勧めできません。そこで下記のようなテーブルだと視線が合いにくく集中して作業を行うことが出来ます。 視線の合わないブーメランデスク
視線が合いにくいブーメラン型デスクの購入はこちら

また、この時期は新入社員の為にレイアウト変更やオフィス家具を増加することも多くなってきます。少しでも安く行うためにキャンペーンなどを利用するのも1つの手です。
『新年度 オフィスレイアウト作成無料キャンペーン』はこちら

クラウドサービスや視線の合わないデスクなどを利用し、おしゃれな働きやすいオフィスにしてみませんか?



リース不要の低価格ビジネスフォン

お問い合わせ Contact

お問合せはこちら

メールでお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-972-655
受付時間:平日9:00 - 17:30

無料訪問デモのご依頼はこちら

無料訪問デモのお問い合わせ

全国ショールームでのデモも可能です。

ショールーム一覧はこちら
PAGE TOP