オフィスの配線をどうにかしたい!配線レスなクラウド電話

MOT/TEL
HOME > MOT/TEL > クラウドPBXについて知る > クラウドPBX > オフィスの配線をどうにかしたい!配線レスなクラウド電話

オフィスの配線をどうにかしたい!配線レスなクラウド電話

オフィスの配線をどうにかしたい!配線レスなクラウド電話

乱雑に置かれた配線はオフィス内を汚く見せてしまう他、配線に足が引っ掛かり転倒するリスクなどがあります。ごちゃごちゃした配線が近くにあったら社員も気持ちよく働けません。そこで本記事でオフィス内の配線を最小限にする方法をご紹介致します。

コンテンツの目次
  1. 乱雑に置かれた配線に潜む様々なリスク
  2. 手軽にできる配線整理
  3. 配線を減らす
  4. 配線を減らす具体的方法


1.乱雑に置かれた配線に潜む様々なリスク

オフィス内にはパソコンやビジネスフォンを中心に多くの機器が配置されており、機器に接続されている配線も自然と多くなりがちです。沢山ある配線はしっかり整理しないと様々なリスクが潜んでいますので見ていきましょう。 オフィスの景観を損なう まず初めのリスクは、冒頭でも触れたオフィスの景観を損なう点です。見栄えの悪いオフィスは働く社員のやる気を低下させるだけでなく、来社したお客様や取引先などのイメージダウンにもつながってしまいます。

転倒の誘発・断線の原因 次に転倒や断線が発生してしまうリスクです。整理されていない乱雑な配線は働く社員が足を引っかけてしまい転倒し、怪我をするリスクがあります。また、配線を踏んでしまうことで中で断線したり、配線に足が引っかかり無理に引っ張ってしまうことで断線やパソコン・ビジネスフォンを落下させて故障させてしまう危険性もあります。

火災の危険性 最後のリスクが火災を引き起こしてしまう点です。断線した配線は発火の恐れがあります。また、電源・配線などをメンテナンスしないと埃がたまり、漏電し発火する「トラッキング現象」の原因にもなります。トラッキング現象は接続されている機器の電源がOFFでも起こってしまいます。オフィスに人がいない時間帯に発生した場合、人的被害は少ないかもしれませんが、機器やオフィスが火災に合うことでデータの消滅や復旧コストがかかるなど、その後の営業に多大な影響を及ぼしてしまいます。


2.手軽にできる配線整理

配線は揃えてまとめたり、隠すだけでもオフィスの見た目は大きく変わります。手軽にできる配線整理方法をご紹介致します。 結束バンドで束ねる 100均などでも売られている結束バンドで整理した配線を束ねると簡単にオフィス内の配線がきれいになります。

配線を簡単に束ねられる結束バンド

ただし、結束バンドは通常一度結束すると取り外しが出来ません。配線の増減が多い場合は、少し面倒になります。結束バンド以外にはマジックテープ式の配線ベルトや複数のケーブルの周りにぐるぐると巻きつけて束ねることができるスパイラルチューブなどがあります。

配線モールで隠す 壁沿いに固定して配線を隠すことができる配線モール。壁と同じような色の配線モールを使用することで目立たずきれいに配線を隠すことができます。

配線を配線モールで隠す

配線を隠すという点では、ケーブルボックスを使う方法もあります。ケーブルを通すための穴が周囲に空いているので、無理なく配線を整理することができます。

配線を浮かす 配線は床へそのまま直接配置するのではなく、デスク回りなどにケーブルトレーを配置して浮かすことで整理することもできます。

配線を浮かすケーブルトレー

参照:サンワダイレクト本店

100均などでもあるワイヤーネットへ、配線を結束バンドなどで固定して浮かす配線整理の方法もあります。また、ケーブルトレーが付いたデスクなどもあります。


3.配線を減らす

先ほどご紹介した配線整理は100均で売っている物を活用することで手軽に行えます。しかし、視界から配線が見えなくなっても配線自体がなくなっているわけではありません。レイアウト変更や部署異動などがあれば配線の整理を1から行う必要があります。また、埃が原因による発火や劣化による断線などのリスクは残るので注意が必要です。

これらのリスクを減らしたい場合は、配線自体を減らすことが必要です。オフィスではパソコンと電話機(ビジネスフォン)の配線が多く、この2つの配線を減らすことができれば社員が働きやすいスッキリとしたオフィスに近づくでしょう。


4.配線を減らす具体的方法

パソコンと電話機(ビジネスフォン)の配線を減らす具体的な方法をご紹介致します。 Wi-Fiを構築 まずパソコンの配線で削減できるのはLANケーブルです。社内のどこでも快適に利用できるWi-Fi環境を構築すればLANケーブルを使わずにパソコンでネットを使うことができます。1人1台(業種によっては2台以上)パソコンを使うのが当たり前になっている今、LANケーブルを削減するだけでオフィスの配線は劇的に削減されます。

クラウド電話の導入 クラウド電話とは、従来社内へ設置していた主装置(PBX)をクラウド上へ展開。主装置(PBX)と電話線(モジュラーケーブル)で接続されていた固定電話の代わりにスマホやパソコンへ専用アプリをインストールするとインターネット経由でクラウド上の主装置(PBX)と接続して固定電話で利用していた会社番号を使った発着信や内線通話ができるサービスです。

配線がいらないクラウド電話

簡単に言うと今まで利用していたビジネスフォンと同じ機能をスマホやパソコンで利用するサービスです。スマホやパソコンはWi-Fiでも利用できますし、スマホではキャリアの電波でも利用することができるので社内だけでなく出先や自宅などでも会社番号を使った発信などを行うことができます。

オフィス内の配線を整理することは社員のやる気アップ・転倒や火災のリスクの低減など様々なメリットがあります。また、配線を出来る限り削減することができれば、配線を気にしない自由なオフィスレイアウトやオフィス家具の導入なども可能になります。配線整理を行うこの機会に配線の削減も検討して見てはいいかがでしょうか?
配線レスの法人電話「クラウド電話」の詳細はこちら  



閉じる