ホテル業の新しい外国人旅行客のもてなし方とは?

ホテル・宿泊業

ホテル業の新しい外国人旅行客のもてなし方とは?

 ホテル業界のみなさん!
訪日外国人が急増している昨今、外国人の方を接客する機会とても増えていますよね??
そんな時うまくコミュニケーションが取れずに困ったことございませんか?

pose_ohno_man
日本に旅行に訪れるいわゆる訪日外国人数は、2020年の東京オリンピックの影響もあり年々増えてきています。JNTOの推計によると、2018年3月までの訪日外客数の累積値は前年同期を108万人上回る、761万9千人(同16.5%増)です。また、訪日外客数の国別トップ3は1位中国、2位韓国、3位台湾です。
ぐらふ1
ぐらふ2
データ参照https://chibra.co.jp/taiken/jnto-2017year-repo/

訪日外客数の増加にともない、東京・大阪・京都の三大マーケットのホテル客室数が2017年から2020年にかけて38%増加する見込みで現在ピークです。そんな状況の中、訪日外国人が日本のホテルに求めていることで主に挙げられているのが、通信環境の整備・観光施設へのアクセス・日本文化の体験・言語対応です。日本のホテルが外国人に求められていることを完璧に提供できているかと言えば、残念ながらできていないのが現状です。
  yukata_gaikokujin_man yukata_gaikokujin_woman
そんな問題を解決することができるのが「MOT/Hotel Phone」です!

MOT/Hotel Phoneとは??

MOT
「MOT/Hotel Phone」とはスマートフォン・タブレットを従来の客室電話機として利用する全く新しいサービスです。

・MOT/Hotel Phoneの特徴

hotel_front
  1. 客室電話機をスマホ/タブレットで提供
  2. 各客室に館内案内等の紙媒体は不要、常に最新の情報を提供可能
  3. 画面表記は標準で英語・韓国語・中国語(繁体字・簡体字)に対応
  4. ゲストのスマホから貸出、固定据え置きまで拡張性あるアプリケーションを提供
  5. スタッフ(従業員)向けのアプリも提供

MOT/Hotel Phoneを導入するメリット

  1. 客室電話が不要になり、電話機の維持コストを削減 ホテル電話としての機能をスマートフォン、PCで代用します。複数の配線をシンプルにし、老朽化による機器の入替え、 高額な保守費用など不要なものを抑え必要な部分への投資が可能になります。
  2. 宿泊者へのサービスを向上させる機能が付属 通常、業務向けシステムとゲスト向けのサービスを別々に導入した場合、費用が高額になり、システムの連携にも検証を含め、時間がかかってしまいます。電話、業務システム、ゲスト向けサービスを集約化することでコスト、導入時間の圧縮を実現します。
  3. 多言語化により、外国人観光客のニーズに答える タブレット・スマートフォンの画面表示は標準で英語・韓国語・中国語(繁体字・簡体字)に対応。また、24時間365日外出先などで困った時にスマホから同時通訳へ接続できます。(英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語に対応)


  4. hotel

まとめ

 この「MOT/Hotel Phone」を導入することで訪日外客数トップ3の中国・韓国・台湾の方の言語対応がとてもスムーズになりますし、他にも英語・スペイン語・ポルトガル語を話される方にも安心して利用していただくことができます。また、様々な言語に対応したその土地に特化した観光地案内を表示することができるので、言語別の紙のパンフレットを用意する必要がなくなります。

 つまり、訪日外国人の方の多言語対応や観光地案内をこの「MOT/Hotel Phone」に任せることで外国語通訳ができるスタッフを雇う必要がなくなり、人件費の削減に繋がります。ホテル業界は労働力不足が問題の一つになっているので、労働力不足を解決する助けになります。また、外国人のお客様にとってもスムーズで分かりやすい対応になるので、口コミなどでホテルの評価が上がり、さらなる集客に繋がります。

kankou_white_family kankou_black_family
 気になる費用の面でも客室電話を無くしコストを削減します。ホテル電話としての機能をスマホ・PCで代用します。複数の配線をシンプルにし、老朽化による機器の入れ替え、高額な保守費用など不要なものを抑え他に必要な部分への投資が可能になります。また、先ほど述べた人件費の面やパンフレットを無くす部分でもコストを減らすことができます。


 今後のさらなる訪日外国人の増加に備え、よりよいサービスを提供するために、ぜひ「MOT/Hotel Phone」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。


リース不要の低価格ビジネスフォン

お問い合わせ Contact

お問合せはこちら

メールでお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-972-655
受付時間:平日9:00 - 17:30

無料訪問デモのご依頼はこちら

無料訪問デモのお問い合わせ

全国ショールームでのデモも可能です。

ショールーム一覧はこちら
PAGE TOP