外国人観光客の獲得&リピーターを手放さないために

ホテル・宿泊業

外国人観光客の獲得&リピーターを手放さないために

目次

接客業の中でも特にお客様一人一人と関わるホテル業界は、顧客管理、顧客満足度が重要な課題ではないでしょうか。
飲食店などとは違い、一度でもお客様をがっかりさせてしまえば、そのお客様の信頼を戻すのはとても難しいです

そんなホテル業界に紹介したいのが『MOT/Hotel Phone』です。


○『MOT/Hotel Phone』とは?

  

スマートフォン・タブレットを従来の客室電話機として利用する全く新しいサービスです。
チェックイン・チェックアウト、ホテル内線電話として外出先からの通話も可能にします。
また、オプションを付けることにより様々の機能を追加することも可能です。




参照:https://www.mot-net.com/hotelphone/

私個人の考えですが、ホテル業界の集客を増やす鍵となるターゲットは大きく2つだと考えます。

  1. 1、外国人観光客


  2. 2、一度ご利用いただいたお客様(リピーター)


この2つのターゲットに対して『MOT/Hotel Phone』はどのように役に立つのでしょうか。
それぞれターゲット別に見ていきましょう。

○外国人観光客を獲得するために


                                 

日本政府観光局(JNTO)によると、2011年以降、日本へ訪れる外国人観光客の数は年々増えており、
2020年の東京オリンピックに向けて更に数が増えると見込まれています。

ところが、『MOT/Hotel Phone』があれば、タブレットの外国語表示はもちろんのこと、館内情報、フロント呼び出し、
観光情報、さらには24時間365日対応可能な通訳サービスもあることから海外から来るお客様は「言語の壁」を気にすることなく
日本での滞在を心から楽しむことができるのではないでしょうか。
「ここのホテルだと言語を気にせず旅行を楽しめる」と差別化してもらえるかもしれません。

参照:https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/visitor_trends/

○リピートのお客様を手放さないために

                     

ホテル業界では、お客様にとても満足してもらえるようなサービスをすることができれば、また来ていただけると私は考えています。
「丁寧な接客」は当たり前になってきているので、そこにいかに付加価値をつけていくかがかだいになっています。
ではどのようにすればお客様の満足度を上げることができるのでしょうか?

『MOT/Hotel Phone』の顧客管理システムを使用すれば、お客様の利用目的などが分かるので、「前回とご利用方法は一緒ですか?」などそういったさりげない一言で印象は変わってくるでしょう。また、何度も取られると面倒くさいクレジットのコピーなども省けるのではないだろうか。
さらには、スタッフ間でお客様の情報を共有することで、お客様に合わせた対応もとることができますよね。



○まとめ

                                   

『MOT/Hotel Phone』を利用することにより、新しい顧客の獲得やリピートのお客様に対してさらに付加価値をもたらすことが可能になります。さらには、客室電話のカットや、外国人スタッフを雇う必要がなくなり、館内案内などの紙媒体の印刷が必要なくなるのでコストの削減にもつながります。

年々、外国人観光客の数が増え、どのホテル業界でも集客数を課題としているなか、世間のホテル業界に対する目、求めるサービスの質というものが厳しくなってきていますが、『MOT/Hotel Phone』を導入することによって、ほかのホテルより一歩リードできるかもしれませんね



リース不要の低価格ビジネスフォン

お問い合わせ Contact

お問合せはこちら

メールでお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-972-655
受付時間:平日9:00 - 17:30

無料訪問デモのご依頼はこちら

無料訪問デモのお問い合わせ

全国ショールームでのデモも可能です。

ショールーム一覧はこちら
PAGE TOP