レンタルオフィスの運営で成功する3つのポイント

不動産業

レンタルオフィスの開業・運営で成功する3つのポイント

レンタルオフィスの運営で成功する3つのポイント
起業する際、いきなり事務所を借りて事業を行うということが減ってきています。起業家にとって重要なことは毎月の固定費を出来るだけ削減することです。その経費削減のために賃貸事務所ではなくレンタルオフィスやコワーキングスペース・カフェという場所をあえて選ぶ方が増えてきました。
この流れを受けて、レンタルオフィスやコワーキングスペースを運営する企業も増えてきました。そこで今回は、レンタルオフィスやコワーキングスペースなどを運営で成功する3つのポイントをご紹介致します。


1.収益を出せるレンタルオフィス

レンタルオフィス・コワーキングスペースなどを運営する方の目的は2つの内のどちらかです。1つは趣味。もう1つは、利益を上げることです。
おそらく大半の方は利益・収益をあげるためにレンタルオフィスなどを運営しているでしょう。

しかし、レンタルオフィスなどは最近参入する企業も多く顧客の取り合いになります。その為、うまく運営しないと赤字になる恐れが高いです。

ではどのようなポイントに注意すればお客様は来ていただけるのでしょうか?
ポイントは3つ。

・場所(空間)
・機能
・集客


この3つのポイントをしっかり事前に考えないとお客様は来てくれません。
では具体的に、どのような項目を注意すればいいのか見て行きましょう。


2.場所に注意する

一概に場所と言っても項目は様々です。
場所(空間)で気にすることは以下の通りです。
・最寄り駅
・駅からの距離
・周辺の状況
・外観
・内装
・椅子やテーブルのオフィス家具

最寄り駅
最寄り駅は、非常に重要です。全く人がいない駅周辺をターゲットにすることは危険です。集客が非常に大変になります。
まず自社のレンタルオフィスに来てほしいターゲットを選定し、そのターゲットがいる駅を選んだ方が無難です。
ターゲットについては後ほど詳しくご紹介致します。

ターゲットが決まれば自ずと、どの駅を選べばいいのか候補が出てきます。
また、利用者が商談をレンタルオフィスで行う場合、お客様も来ていただきやすいかどうかも重要です。
商談があれば会議室を借りて頂ける機会が増え、収益に繋がったり賑わっている場所というのはそれだけで口コミなどの集客効果もあります。

駅からの距離
駅からの距離は勿論近い方が良いです。しかし、渋谷や新宿など人が多い駅だと近場は坪単価が非常に高く、料金設定も高くせざるを得ないです。そうすると集客も大変になりますし、ターゲットを若い起業家などにした場合、料金が高いと来店するハードルが高くなります。

その為、渋谷・新宿などの場合は多少駅から歩いても許容してもらえます。
逆に人が多くない駅の場合は駅の近くにすることで、近いなら行ってみようという気持ちにさせるため、若干ハードルも低くなります。
また、坪単価はお客様へ提供する料金の設定額にも直接影響しますのでターゲットに見合った場所を選択してください。

外観
ビルを借りて又貸しでレンタルオフィスを行うと思いますが、外観も非常に重要です。
錆びれたビルでは気持ちよく来店していただけません。1日だけの短期の利用者もいるので、また利用したいと思っていただくことは重要です。
そのため、真新しいビルでなくてもいいので、清潔感のあるビルやレンタルオフィスのコンセプトにあったビルを選びましょう。

内装
駅からの距離も近く外観も良いのに中に入ったら部屋が汚い・・・では意味がありません。内装もしっかり気を配らなければなりません。

レンタルオフィスでは長時間の利用をされるお客様も多いので、長時間座っても体がいたくならないような椅子を選んだりすることが求められます。
また、他の企業の方と一緒のフロアを利用するので防音も気にするポイントです。
オープンなコワーキングスペースだけであればあまり考えなくても良いかもしれませんが、レンタルオフィスとして個室を貸す場合はパーテーションなどを天井まで繋げたりして防音対策をしましょう。

レイアウトも有限のフロアを有効活用できるよう動線などを考慮し決めていきますが、素人ではなかなか難しいです。そこで内装工事は希望を伝えてプロにお任せすることが一番手っ取り早いです。
無料レイアウト作成はこちらから


3.機能に注意する

2つ目のポイントは、機能面です。 料金プランや機能もお客様にとっては非常に重要な項目です。
料金プランは、
・月で固定
・時間単位で利用
などバリエーションを増やすことはお客様にとって使い勝手の良いものになります。運営する側からみると管理の手間が増えますのでなんでも増やせば良いというものではないのでバランスを取りながら料金プランの設定をしてください。

登記場所の住所だけ借りたいお客様や郵便物の受け取り住所だけ借りたいというお客様のご要望も多いです。そのご要望にどこまで応えるのかという点は収益に直接関係してきますので開業前に十分検討しましょう。

レンタルオフィスやコワーキングスペースを利用するお客さんは起業したばかりの方やフリーランスの方が多いです。
起業家たちに重要なのは一通りの業務に必要な設備や環境です。起業家たちが必要な設備・環境は、
・デスクと椅子
・ネット環境
・電話とFAX
は必需品でしょう。

特に電話番号電話関係(転送や電話代行)などは運営会社によって料金体系などもさまざまです。この電話関係で他社と差別化出来るサービスがあります。
弊社のMOTもっと)ではスマートフォンを利用してレンタルオフィス利用者ごとに専用の番号を付与することが出来ます。そしてスマホから付与された03などの市外局番からお客様にお電話が出来ます。
BYOD

一般的にレンタルオフィス利用者は個人の携帯・スマホからお客様に連絡します。そのため、携帯電話の番号でお客様対応をしています。起業して間もない企業の場合は信頼性などがあまりないので市外局番などで対応することで、しっかりしている企業なんだとお客様のお客様に思っていただけます。ここで差別化が出来ます。
また、通常転送サービスを利用し通話した分だけ通話料金が発生しますが、MOTでは転送を使わず独自の着信システムを利用しているので転送料金はかかりません
転送無料
そのため、お客様の経費削減にも繋がります。
スマホから会社番号発信や転送無料の電話サービスはこちら


4.集客に注意する

上記の場所や空間、料金や電話サービスなどを工夫してもお客様が来てくれなければ意味がありません。お客様に来ていただいて初めてレンタルオフィスは価値があります。
ではお客様をどのように集客したらいいでしょうか。
集客方法はいくつかあります。
基本となるのはHPです。自社のHPをしっかり作り掲載することは最低限やっておかなくてはいけません。
また、そのHPが検索されたときに上位に表示されるよう対策しておかなければなりません。よく検索される「レンタルオフィス 地名」などのキーワードに対して記事を書いたりしておきましょう。

また、レンタルオフィス内でセミナーなどのイベントを開催したりすることも集客に繋がります。セミナー内容も「起業家」に向けたものや「起業して3年以内の方限定!」などのテーマで行えば自然とレンタルオフィスにも関心が向きます。
レンタルオフィスを開業してから考えるのではなく、開業に向けて動いている段階から積極的に集客や告知をしましょう。


5.ターゲットについて考える

最後にレンタルオフィスやコワーキングスペースなど現在では多数存在し、都内であればどの駅にも1つは必ず存在する程有名なサービスとなりました。
そのため、他社との差別化は非常に重要です。しかし、価格を安くするという安易な差別化は競合他社共々厳しい状況にしてしまうため、おススメしません。
現在レンタルオフィスで調べてみると、
・30歳以下限定
・女性限定
などが出てきます。

上記のようにレンタルオフィスのターゲットをあえて絞り込むことで、レンタルオフィスの空間をその客層向けに特化させることができ、その客層の中で口コミによる広がりを見せたりします。

また、差別化するポイントで、「おいしい料理が食べられる」のように別の部分で付加価値を提供することも有効な手段です。

弊社はレンタルオフィスの不動産や内装工事に加え、レンタルオフィス向けの電話サービスと管理(基幹)システム・電子錠 入退室機能・会計などをワンストップでご提供するレンタルオフィスシステムのサービスを開始致しました。


リース不要の低価格ビジネスフォン

お問い合わせ Contact

お問合せはこちら

メールでお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-972-655
受付時間:平日9:00 - 17:30

無料訪問デモのご依頼はこちら

無料訪問デモのお問い合わせ

全国ショールームでのデモも可能です。

ショールーム一覧はこちら
PAGE TOP