どこでもビジネスコミュニケーションを実現「MOT/PBX M-V4」

MOT/PBX M-V4

どこでもビジネスコミュニケーションを実現「MOT/PBX M-V4」

PC・スマホを活用し、社内だけでなく自宅や出先・サテライトオフィスなど場所を問わず内線通話や会社番号を使った外線発着信などビジネスコミュニケーションを実現します。 また、電話だけでなくインターネットFAXやビジネスチャットと言ったビジネスで利用するコミュニケーションツールも標準装備。TPOに応じて最善のツールを選択することができます。

ブラウザフォン

MOT/PBX M-V4の特徴

MOT/PBX M-V4は従来のシリーズに搭載された機能に加えて下記が追加されました。

  • ブラウザ電話機能

    別途ソフトのインストールなどが不要でブラウザから電話機能(会社番号の発着信・内線発着信など)を利用することができます。

  • レスポンスの高速化

    スマホアプリ「MOT/Phone」を使った外線着信のレスポンスを高速化できます。

ご利用イメージ

ブラウザ電話機能(ブラウザフォン)

ブラウザフォン画面全体イメージ
項目 内容
内線発着信 内線の発着信が可能です。ソフトフォン・スマホアプリ「MOT/Phone」とも内線通話可能です。
外線発着信 会社の番号(03や06などの市外局番)を使った外線発着信が可能です。
自己保留 通話を保留状態にします。
保留転送 自己保留時に、ダイヤルした番号へ通話を転送します。
パーク保留 パーク保留ボタンに通話を保留する事ができます。保留されているパーク保留ボタンを選択することで通話を開始できます。
発信番号選択 発信する際に発番号を選択する事ができます。
履歴 発着信の履歴を確認できます。履歴画面から電話番号を選択し、発信することも可能です。
CTI連動 連動した顧客情報を自動ポップアップで表示します。

レスポンスの高速化

従来型の場合、アプリを起動していなくても着信する「プッシュ着信」には共用プッシュ着信用サーバーをご利用いただいておりました。共用サーバーの為、一時的な高負荷などがあると着信遅延などが発生する場合がありましたが、プッシュサーバーを搭載しているMOT/PBX M-V4をご利用いただくことで高速かつ安定したプッシュ着信がご利用いただけます。

従来型とMOT/PBX M-V4のレスポンス比較

電話業務を効率化するその他の機能

MOT/PBX M-V4では従来型と同様、電話業務を効率化する機能が利用できます。

MOT/PBX M-V4 仕様

項目 内容
最大登録内線台数 100台
最大同時内外線通話数 50通話
留守番電話保存数 3分×60件(180分)
顧客情報(簡易CTI)保存数 10,000 件
留守電メール通知 対応
ISDN外線収容(TE) 外部Gateway利用(BRIも可)
電話交換機 / 主装置接続(NT) 外部Gateway利用(BRIも可)
IP電話 ひかり電話/ FUSION IP Phone
ハードウェア 専用ハード(RoHS 対応)
ネットワークインターフェース WAN・LAN各2ポート
本体外形寸法 228mm(W)×300mm (D)×425mm(H)※突起物含まず
重量(本体と AC アダプタを含む重量) 14.7kg
規格 10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T
準拠規格 IEEE 802.3準拠
VCCI対応 無し
入力電源 100~240V
最大消費電力 70W
環境条件 周囲温度:0~40℃
周囲相対湿度:10~90%【結露なきこと】

お問い合わせ Contact

サービスの導入・検討にあたってのご質問・お見積り・資料請求は、
こちらから気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-972-164
受付時間:平日9:00 - 17:30