ビジネスホンの入れ替え・見直し・増設を行うには? |IP-PBXならMOT/PBX

ビジネスホンの入れ替え・見直し・増設

事業所やオフィスの移転でビジネスホンを移設・増設したい。

事業所やオフィスの移転でビジネスホンを移設・増設したい

移転、引越し時に次のようなことでお困りではありませんか?

会社移転、事務所移転、オフィス移転に伴い、必要になるのが現在使用している電話機の移設工事になります。
ビジネスホンの場合、一般電話と違い移転後、電話線に電話機をつなぎ直せば、すぐに使えるようになるわけではありません。
電話線の配線の引き直しや主装置の再設定、ケーブルの長さに合わせたレイアウトが必要になります。


移転時によくあるトラブル

  • 1移転前に使用していた電話機が使えない。

    移転先で機器が対応していない場合、新しくビジネスホンを買い替えないと使用できません。

  • 2レイアウトを決めていたが、配線の関係で見直しが必要に。

    レイアウト決定後に電話配線を張るとケーブルの長さ、回線・主装置の収容場所などにより、変更を行わなければならないことがあります。

  • 3同時着信数を増やすつもりが対応していなかった。

    ビジネスホンが拡張できないタイプの場合、機器を新しく買い換える必要があります。また、電話回線も拡張に対応したものを選ばなければなりません。

  • 4ひかり電話に対応していなかった。

    ひかり電話は個人向け、オフィス向けのタイプがあり、接続チャネル最大数が違っています。特に従業員数の増加、オフィスの拡張を目的としている場合には、最大チャネル数により、接続数の制限が発生します。
    また、機種によっては通話が乱れたりナンバーディスプレイが表示されない場合があります。

これまで使っていた電話機が移転後に使えなかったり、使いたかった機能に対応していなかったり…。ビジネスホンだったらなんでもすぐに使えるわけじゃないのね。 でもなんで家庭電話機じゃだめなのかしら。




MOTならビジネスホンの移転・増員増設・入れ替えに最適!

  • 内線通話

    内線通話
  • 保留転送

    保留転送
  • 同時着信

    同時着信
  • スマホでFAX送信

    スマホでFAX送信
  • スマホから会社の番号で発信

    スマホから会社の番号で発信
  • 発信/着信の使い分け(1台2役)

    発信/着信の使い分け(1台2役)
  • パソコンでも通話

    パソコンでも通話
  • 相手先情報表示

    相手先情報表示
  • 名刺管理

    名刺管理

事務所移転時にMOTを導入されたお客様の導入事例

「ビジネスホンの乗り換え・見直し・増設」に関連の深い記事はこちら

リース不要の低価格ビジネスホン

 もっと詳しい資料がほしい、導入前後について説明してほしい、
という方はこちらからお気軽にお問合せください。

PAGE TOP