ビジネスホンと一般家庭用固定電話の違い|IP-PBXならMOT/PBX

なぜビジネスホンを使う必要があるのか?

ビジネスホンとは?

ビジネスホン(ビジネスフォン)と一般家庭用固定電話の違い

ビジネスホン(ビジネスフォン)と一般家庭用固定電話の違い

ビジネスホン(ビジネスフォン)は、オフィス、業務用に便利な仕組みを備えた電話機です。

一般家庭用の電話機との大きな違いは、内線と外線の2種類を使い分けられること。また、このことにより保留転送や1番号の外線からの着信を同時に違った場所にある電話機で鳴らすことができたり、同じ建物内の別の電話機を内線番号だけで呼び出すことができるようになります。

ただし、一般家庭電話機のように、電話回線にコードをつなげばすぐに通話ができるようになるわけではなく、特別な工事、装置を導入する必要があり、維持するコストも家庭用電話機とは違い、かなり高価になってしまいます。

  ビジネスホン
ビジネスホン
家庭用電話機
家庭用電話機
内線機能 あり なし
保留転送 あり なし
同時着信 あり なし
主装置 あり なし
設置工事 あり なし

ビジネスホンの仕組み

ビジネスホンは専用の端末(ボタンのたくさん付いた電話機)と主装置と呼ばれる制御システムとで構成されます。

主装置は複数のビジネスフォン端末を取りまとめ、外線と内線、内線間を共有・制御する役割を担っています。

つまり、「ビジネスホン」を設置するとは、合わせて「主装置」の導入を行うことが必須で、「専用電話機+主装置」の工事、購入、維持費用がかかってくることになります。

構成図

内線・保留転送の機能

高額なコストをかけてまでビジネスホン(ビジネスフォン)を導入しなければならない理由とは何でしょうか?

それは「内線」「保留転送」「複数外線からの同時着信」といった機能がオフィスになくてはならないものになっているからです。

内線通話機能

事業所内に設置された主装置に電話機同士で、通話を行うことができます。
各電話機には(例、10〜9999番)2桁から4桁の「内線番号」が割り当てられ、この番号のみで通話が可能です。また、内線同士の通話に料金は発生しません。

内線図
保留転送機能

かかってきた(もしくは発信した)電話を内線でつながれた別の電話機にまわすことができます。
外線にかかってきたお客様からの電話を保留にしたまま担当者につないだり、社内の連絡を該当部署の内線番号にまわしたりできます。

同時着信機能

一般の家庭用電話機では、一番号につき、一台の電話機を使用するため、外線からの着信があった場合、複数の電話機を同時に鳴らすことはできません。主装置のあるビジネスホンであれば、一番号につき、複数の電話機を同時に着信させることができるため、担当者が電話に出ることができないときでも、他の社員が代わって電話を取ることができます。

同時着信図

このように事業で利用するには便利なビジネスホンですが、30年前からほとんど進化していないため、スマートフォンでは当たり前なことが出来なかったり、高額なコストがかかるなど様々もデメリット、問題点が出てきています。

→ビジネスホンの問題へ


ビジネスホンには「内線」「保留転送」「複数外線からの同時着信」といった、オフィスにはかかせない機能が備わっているんだ。



電話機が違うだけじゃないんですね!



ただ、ビジネスホンにはメリットがある反面、デメリットや注意しておかないといけない問題点もあるね。



リース不要の低価格ビジネスホン
PAGE TOP