スマートフォンがビジネスフォンになるビジネスコミュニケーションツールMOT(もっと)IP-PBX

お知らせ

Q:【社内報】スマホに一斉プッシュ配信・既読分析も可能「MOT通知サーバ」をリリース

A:
社内報をスマホに配信、緊急なお知らせや重要なニュースの見逃しを防止し、既読率や既読者もわかるサービスを開始

株式会社バルテック(本社:東京都新宿区、代表取締役 吉江秀馨。以下、バルテック)は、ビジネスフォンアプリMOT/Phoneに一斉通知を配信できる「MOT通知サーバ」を11/1(月)よりリリースいたします。

MOT通知サーバ

■ 特徴
「MOT通知サーバ」はバルテックのスマートフォン内線化サービス「MOT/PBX」のアプリ「MOT/Phone」に社内報や速報を一斉配信できる機能です。

社内報に関するこんな悩みを解決します。
・誰が読んでいて、誰が読んでいないか知りたい
・どんな社内報がよく読まれているか分析できない
・緊急のお知らせなのにメールだと気づかれない
・メールの場合、他のメールに埋もれてしまう
・過去の社内報の管理ができていない・クラウドやSNSを使うとセキュリティが不安

社内の重要な通知や緊急速報を管理画面から作成し、配信。スマホアプリで表示できるため、インターネットに接続できる環境であれば、いつでも確認することができます。
外出中はもちろん、テレワークで在宅勤務をしている社員や支店、離れた拠点にいる社員にも通知を届けることができます。
テロップ表示で目立たせたり、過去の通知一覧をスマホで確認できるため、重要なお知らせを遡って確認することが容易になります。

画面

■利用シーン
【オフィス】
・テレワーク、支店、外出中の社員へ社内報を一斉配信
・緊急のお知らせ、災害時の重要な通知
【運送業】
・会社や拠点にいる時間の少ない社員への通知
・メールを開く回数が少ない場合の緊急連絡
【百貨店・量販店】
・フロアに立つ時間が長く、メールチェック時間がない場合
・商品マニュアルなどを分類してフロアで確認

■通知サーバによるメリット
配信された通知の未読/既読を通知毎、ユーザー毎に確認できます。また、通知毎の既読割合を確認できるため、誰が通知を読んだか、何の通知に対して関心があったか分析に役立てることが可能です。
また、MOT/Phoneと連動した「MOTクラウド勤怠管理システム」や経費精算システム「ハイ!経費」と組合せて利用することでオフィス・テレワークのDX化を実現できます。

通知サーバによるメリット

■機能一覧
一覧表示:過去の通知を一覧表示
作成:通知を新規作成
承認:作成された通知を通知管理者が承認
MOT/Phone通知:MOT/PhoneスマホアプリにPUSH通知
タグ:通知にタグを付与
カテゴリー:通知をカテゴリー分け
既読確認:管理者は未読/既読を通知毎、ユーザー毎に確認
既読率:通知毎の既読割合を確認
登録・編集・削除:ユーザー登録、編集、削除
部署管理:ユーザーの部署登録
承認権限:申請された通知を承認する機能

【MOT通知サーバ 詳細】
https://www.mot-net.com/option/shanaihou-mot-tsuuchi
【MOT通知サーバ お問い合わせ先】
https://www.mot-net.com/contact_individual/

【法人電話・スマホ内線化サービスMOT/Phoneについて】
スマホ・PCから場所を問わず会社番号を使った発着信ができる従来の法人電話(ビジネスフォン)に代わる新しい電話サービスです。 PBX・アプリ共に自社開発した安心・高品質のMOTシリーズはSOHO~内線数2,200を超す大手建設業まで幅広くご導入頂き、累計20,000社以上の導入実績があります。
SDGsの目標でもある持続可能な経済成長を遂げるために、新しい生活様式に適応したテレワークやデジタルトランスフォーメーション(DX)に対応が企業規模問わず求められています。
バルテックはMOTを通じて価値あるテクノロジーでディーセント・ワークへのシフトチェンジを支援いたします。
https://www.mot-net.com/

【株式会社バルテック】 東京都新宿区西新宿6-22-1 新宿スクエアタワー3階 URL:https://www.webjapan.co.jp/



リース不要の低価格ビジネスフォン

お問い合わせ Contact

サービスの導入・検討にあたってのご質問・お見積り・資料請求は、
こちらから気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-972-164
受付時間:平日9:00 - 17:30