音声案内(IVR)

MOT/TEL
クラウドPBX【MOT/TEL】  >  機能  >  音声案内(IVR)  

音声案内(IVR)

音声案内(IVR)とは?

着信時に音声アナウンスを流す機能です。
専用PBXを利用するプランでは、着信時に問合せ内容を伺うアナウンスを流し、
発信者がプッシュした番号によって着信先を振り分けること(IVR)も可能です。

顧客情報の表示(CTI)利用イメージ

時間外・休日の自動対応

時間外や休日の電話対応を音声アナウンスで自動対応することができます。
番号毎に設定が出来ます。設定の変更は管理画面もしくは電話機から変更することができます。

標準アナウンス内容
お電話ありがとうございます。本日の営業は終了致しました。恐れ入りますが営業時間内にお掛け直しください。
只今、電話に出ることができません。恐れ入りますが改めてお電話をいただけますようお願いいたします。
ただいま留守にしています。恐れ入りますが、後ほどお掛け直しください。
本日は休業日です。またのお電話をお待ちしております。
ただいまの時間は営業時間外となっております。恐れ入りますが、営業時間内に改めてお掛け直しください。

スケジュール設定

アナウンスの開始・終了時間を管理画面のスケジュールへ設定することで日時や曜日で自動切換えが可能です。
毎日の面倒な手動設定が不要になります。

音声登録と着信の振り分け

アナウンスの音声を録音し使用することができます。「商品の詳細については1番を、使い方については2番をの押してください。」のようなアナウンスを流し、発信者のプッシュ番号によって着信先を振り分けること(IVR機能)ができます。
※専用PBXを使用するプランのみ利用可能。

テレワーク利用OK

IVR機能の着信先としてモッテルで利用出来るスマホ内線パソコン電話を指定できるのでテレワーク中でも利用することができます。出社社員とテレワーク社員の一斉着信設定も可能です。

音声案内(IVR)の導入効果(着信件数の削減)

音声案内(IVR)を導入すると応対する必要のない着信を削減することができます。下記[図1]は弊社が実際にIVRを導入した際の1日平均受電件数の変化です。導入前の受電件数の平均が347.8件に対し、導入後の平均は272.5件と2割程削減されています。
削減された電話の内訳は下記[図2・図3]の用に「ワンギリ・間違い電話」や「営業電話」であり不要な電話が削減されていることが分かります。

IVR導入前後の1日の平均受電件数

導入前:68件    導入後:13.25件

導入前:9件    導入後:3.5件


閉じる