0120-972-655(お問い合わせ電話窓口)平日9:00∼17:30
MOTコールセンターシステム

利用シーン

在宅で利用できるソフトフォンや
豊富な機能でコールセンターの効率化のサポートを致します。

在宅・テレワーク・BCP対策

在宅・テレワーク・BCP対策

オペレーターの勤務場所に問わず、PBXがあるデータセンターからインターネット経由で各機能を利用出来る為、 在宅勤務やサテライトオフィス・ワーケーションなどのテレワークに対応したコールセンターを構築できます。
着信の分配(ACD)やオペレーターごとの対応結果の集計など管理者がオペレーターの勤務場所に問わず一元管理できるので効率的にコールセンター業務を行うことができます。
また、勤務場所をコールセンターに一極集中ではなく様々な場所へ分散することで災害時に業務を止めることなく継続できるのでBCP対策としても有効です。

  • 関連機能

  • 問い合わせ窓口・サポート窓口の開設

    問い合わせ窓口・サポート窓口の開設

    1席から利用出来るため部門毎や拠点毎などスモールスタートが可能です。事業の成長に合わせて柔軟に拡張が出来るので無駄なコストをかけることなく窓口業務を開始できます。
    インターネットとPCがあれば利用できるソフトフォンでは、お客様情報を着信時に自動表示するCTI機能にて対応履歴を確認しながら応対が出来るのでオペレーターの負担を軽減できます。

  • 関連機能

  • オンプレミスからの移行

    オンプレミスからの移行

    オンプレミスで導入していた既存システムの老朽化や保守切れのタイミングでクラウドへ移行。今まで自社で行っていたハードウェアの管理や設定変更に伴う工事などが不要になります。
    インターネット経由で内線の追加・設定変更ができる環境が構築されるので柔軟な運営管理が可能になります。

  • 関連機能

  • 業務改善・CRM連携

    業務改善・CRM連携

    既存システムではできなかった入電対応を記録するデータベースを利用中のCRMに変更。着信時にCRMを自動表示することで検索作業が不要になり入電対応時間の短縮に繋がります。
    全社的に利用するCRMを統一することで顧客関係の強化にも繋がります。

  • 関連機能