BCP対策システム リモートアクセス

BCP対策システム リモートアクセス『SWAN BOX』

リモートアクセス『SWAN BOX』

日本企業の多くは働き方改革が必要

労働人口の減少
労働人口の減少
長時間労働・過労死
長時間労働・過労死
ワーク・ライフ・バランスの向上
ワーク・ライフ・バランスの向上

日本社会では上記の様な問題・課題などを抱えた企業が多く、働き方改革が必要です。働き方改革を進める手法としてテレワークが注目され、多くの企業が導入しています。


テレワークとは?

情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。
※「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語
引用:一般社団法人テレワーク協会
テレワークはさらに細分化すると在宅勤務・モバイル勤務(モバイルワーク)・サテライトオフィス勤務の3つに分けられます。
テレワーク(在宅勤務・モバイルワーク・サテライトオフィス勤務)

テレワークは通勤・移動時間の削減や働く時間・場所を個人で選択し効率的な働き方が出来るので労働生産性の向上・働き方改革に有効な手法です。しかし、テレワークの導入に課題を感じている総務・労務・経営者の方も多くいらっしゃいます。


テレワークの導入にあたっての課題

総務省が調査したテレワークの導入にあたっての課題では1位に『情報セキュリティの確保』、2位に『対象業務が絞られる』という結果になっています。在宅勤務やサテライトオフィス勤務など目の届かない場所で業務を行う社員に対してセキュリティ面から「オフィス勤務と同様の仕事を任せられない・・・」その為「対象業務も絞られる・・・」という課題を感じている結果がわかります。
上記課題を一気に解決するサービスがリモートアクセス『SWAN BOX』です。

テレワークの導入にあたっての課題の調査結果

参照:総務省「情報通信白書


SWAN BOXとは?

SWAN BOXとは、クラウドサービスや社内業務システムにアクセスする際に必要となるさまざまなセキュリティ機能を提供する、セキュアリモートアクセスプラットフォームです。テレワークにおける在宅勤務やサテライトオフィス勤務などにおいて自宅のPCやスマホ、持ち運んでいるノートパソコンから社内で使用している基幹システムやクラウドサービスなどにセキュアにアクセスできるようになります。端末への保存を禁止したり印刷・画面コピーなどを禁止出来、かつオフィス勤務と同様の業務をテレワークで続けることが出来るので情報漏えいの防止と業務幅の増加を同時に実現できるサービスです。

SWAN BOX構成図

利用シーン

社内システムへアクセス
社内システムへアクセス

基幹システムや社内ネットワークからのみ使用できるようなサービスへ遠隔地からアクセスすることが出来ます。

ローカルPCへアクセス
ローカルPCへアクセス

遠隔地の端末から社内で使用しているPCへアクセスしエクセルやメールなどを使用出来ます。

クラウドサービスの二重認証
クラウドサービスの二重認証

IDとパスワードがあればどこでもアクセス出来てしまうクラウドサービス。セキュリティ向上として本来の認証以外にSWAN BOXの認証を必要とし二重チェック体制に変更出来ます。


主な機能

アクセス管理機能

グループ単位/ユーザ単位で、アクセス可能な社内リソース/アプリケーションを制限出来ます。

シングルサインオン機能

SWAN BOXにログインをすると、⽬的のアプリケーションへも同時ログイン可能です。

パスワードロック機能

設定された回数ログインに失敗をすると、そのユーザを⼀時的にロック+利⽤禁⽌出来ます。

端末制限機能

あらかじめ設定した端末(スマホ・携帯電話)からのみアクセス可能に出来ます。

セッションタイムアウト機能

指定する時間内に操作を⾏わない場合、⾃動でログアウト

ログ管理機能

アクセスログ(アクセス時間・アクセス者)、管理ログ(設定履歴)、システムログ(警告)等を記録出来ます。


SWAN BOX導入メリット

簡単導入
簡単導入

簡単な設定を行ったSWAN BOXをLANケーブルで繋ぐだけ。複雑な工事が不要です。

ファイアーウォールの工事不要
ファイアーウォールの工事不要

他社製品はファイアーウォールの設定変更やネットワークの構築が必要ですが、SWAN BOXなら不要です。

高セキュリティ
高セキュリティ

SWAN BOXはファイアーウォールに穴をあける方式ではない為、穴を開けて使用する他社製品より高セキュリティです。シンクライアントやMDMも可能です。


コミュニケーションサービス『MOT』との相乗効果

テレワーク導入に関する課題の3位『適正な労務管理』4位『社員同士のコミュニケーション』の解決にはSWAN BOXのみでは出来ません。オフィス24が合わせてご提供するコミュニケーションサービス『MOT』を導入すると解決することが出来ます。
MOTとはスマホやPCにて会社番号を使用した外線・内線FAXの受発信ビジネスチャットなどをテレワーク中でもオフィス勤務時と同じように使用し、コミュニケーションが取れるサービスです。スマホには専用アプリ、PCには専用ソフトをインストールし利用します。

SWAN BOX構成図

労務管理にはMOTの勤怠管理システムを使用し、スマホやPCから出勤・退勤の打刻や各種申請、MOTの電話機能と連携し定時の際に着信にて勤務終了を促すアラーム機能などを利用することで適切な労働時間の把握・長時間労働の抑制などが可能です。SWAN BOXとMOTを組み合わせることでテレワークとオフィス勤務の環境差は限りなく少なくなります。


お問い合わせ Contact

お問合せはこちら

メールでお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-972-655
受付時間:平日9:00 - 17:30

無料訪問デモのご依頼はこちら

無料訪問デモのお問い合わせ

全国ショールームでのデモも可能です。

ショールーム一覧はこちら
PAGE TOP