クラウドPBXとは?導入メリット、デメリットをわかりやすく解説

MOT/TEL
HOME > ブログ一覧 > クラウドpbx > クラウドPBXとは?導入メリット、デメリットをわかりやすく解説

クラウドPBXとは?導入メリット、デメリットをわかりやすく解説

クラウドPBXとは?メリット・デメリットを総まとめ!

以前から企業におけるコミュニケーション方法として電話が頻繁に利用されてきましたが、昨今の新型コロナウイルスの感染拡大に伴う働き方の大きな変化により従来のビジネスフォンを使った運用では限界が来ています。そのビジネスフォの代替として注目されているサービスが「クラウドPBX」です。本記事ではクラウドPBXとはどのようなサービスなのか?従来のビジネスフォンと比べてメリット・デメリットはどのようなものがあるのかご紹介していきます。

コンテンツの目次
  1. クラウドPBXとは?
  2. クラウドPBXのメリット
  3. クラウドPBXのデメリット
  4. クラウドPBX「モッテル」とは?
  5. クラウドPBXサービス一覧


1.クラウドPBXとは?

従来のビジネスフォンは電話端末(固定電話やコードレス電話機)とその端末を制御する主装置やPBXと呼ばれる装置を事務所内に設置する必要がありました。

ビジネスフォンの接続イメージ

一方、クラウドPBXでは主装置・PBXをクラウド上で提供し、ユーザーはインターネットを介して各機能を利用するサービスです。ユーザー側では従来のような固定電話(IP電話)の利用が可能な他、スマートフォンへアプリをインストールすることで固定電話と同じ機能が利用できるスマホ内線が利用できる点も特徴となっています。提供する企業によってはパソコンへソフトのインストールとヘッドセットなどを利用した電話サービス(ソフトフォン)を利用することもできます。

クラウドPBXの接続イメージ

2.クラウドPBXのメリット

ビジネスフォンとクラウドPBXを比較した際のメリットを見ていきましょう。
初期投資が安い
従来のビジネスフォンでは主装置・PBXと固定電話を専門の設置業者が工事をする必要がありました。その為、導入の段階で高額な費用が発生します。しかし、クラウドPBXであればクラウド上で提供されるため専門業者の工事が不要です。その為、初期投資を大幅に抑えることが可能です。

初期投資が安いイメージ

工事不要
上記でもご説明したようにクラウドPBXでは工事が不要です。ビジネスフォンでは設置工事や電話回線の引き込み工事ができないような施設(レンタルオフィスなど)で利用することができませんでしたが工事不要のクラウドPBXでは入居している施設を問わず利用することができます。

工事不要イメージ

固定電話が不要
デスクに1台置いてあるようなビジネスフォン端末(固定電話)がクラウドPBXでは不要になります。固定電話は比較的価格も高価であるにもかかわらず、設置したデスク上やコードレス端末であっても事務所内でしか利用することができません。営業担当など外出の多い社員は使用頻度も多くないので固定電話の代わりにスマホやPCで会社番号の受発信などを利用してもらうことで従来の運用を変えることなく代替が可能です。固定電話を削減した分だけコストも削減することができます。

固定電話が不要

社用携帯が不要
固定電話同様、社用携帯で行っていた社員同士の通話や外出中の際のお客様へのご連絡などをスマホで代用することができます。また、社用携帯ではできなかった外出中の会社番号でのお客様対応が可能になるので、より効率的な対応ができます。

社用携帯が不要

テレワーク利用が可能
クラウドPBXではスマホ・PCで会社番号を使った発信や事務所で行っている一斉着信などが自宅やサテライトオフィスなど場所を問わず利用できるのでテレワーク中でも利用することができます。電話転送サービスを使った運用では電話対応に偏りがでたり、転送を使用しない場合、電話番のために出社したりする必要がありますがクラウドPBXであればどこで勤務していても事務所に勤務しているように電話対応を行うことができます。

テレワーク利用が可能

移転しても番号が変わらない
ビジネスフォンでは移転に伴い電話番号が変わる可能性があります。クラウドPBXでは電話回線自体もクラウドで提供されている為、移転しても番号が変わりません。番号変更に伴うお客様への周知などが不要になり移転先の選択肢が増えるメリットがあります。

移転しても番号が変わらないイメージ

レイアウト変更・増設が自由
ビジネスフォンは専用の電話線を接続して利用していました。レイアウト変更の際、電話の専用線は専門業者が工事する必要があります。また、利用する端末を増やす(増設)際も同じく工事が必要なのでコストが発生します。社内の人だけで自由に変更ができません。
クラウドPBXであれば、固定電話(IP電話)を含めすべてLANケーブルやWi-Fiなどで利用することができるのでレイアウト変更の際、パソコンのように場所を移動してLANケーブルを挿すだけで継続利用が可能です。社内の人だけで自由にレイアウト変更が可能なだけでなく、社員が増えた際も管理画面から内線番号などを追加し、使用するスマホ端末などへアプリのインストール・設定をすれば簡単に増設も可能です。

レイアウト変更・増設が自由イメージ


3.クラウドPBXのデメリット

多数のメリットがある一方、デメリットも存在します。
インターネット回線環境に影響される
クラウドPBXでは場所を問わず、インターネットを介して機能を利用することができる一方で、利用場所の回線状況によっては通話品質などが低下する恐れがあります。安定した回線環境を整えられる事務所で安定していても例えば外出中の公衆Wi-Fiなどを利用した場合では遅延が起きるということも考えられます。

インターネット回線環境に影響される

提供企業によって品質が異なる
クラウドPBXではアプリやソフトを提供企業ごとに開発されています。その為同じ機能を提供していても質は様々です。音質が悪い企業もあれば安定している企業もあるので導入時にはしっかりデモンストレーションを行うことが重要です。
また、提供する機能や使い勝手も異なるので実際に使ってみたり比較する必要があります。

提供企業によって品質が異なる

電話番号が変わる
ビジネスフォンとクラウドPBXでは電話回線の引き込み先が事務所とクラウド側で異なる為、電話番号が変わってしまいます。電話番号を変えたくない場合は事務所内に専用の機器を設置する必要がありますが、移転で電話番号が変わってしまったり、機器設置の費用が発生しますので自社がどの点に重きを置くかによって柔軟に対応が必要になります。

電話番号が変わるイメージ

発信できない番号がある
クラウド側の電話番号を利用する場合、110や119などの1から始まる特番などへ発信ができません。緊急時には社員がお持ちのスマホなどから連絡する必要があります。

発信できない番号があるイメージ


4.多数のユーザーに選ばれているクラウドPBX「モッテル」

クラウドPBX「モッテル」はシリーズ導入実績20,000社を超えるサービスです。

導入実績20,000社を超える「モッテル」


導入企業は、一部上場をはじめ様々な規模・業種の企業から幅広く導入されています。さらに特筆すべき点はモッテルの新規契約企業の56%が他社クラウドPBXからの乗り換えという事実です。

モッテルの新規契約企業の56%が他社クラウドPBXからの乗り換え


どの点がモッテルは評価されているのでしょうか? モッテルはクラウドPBX業界の中でも高機能・高品質のサービスです。企業によっては提供していないこともある機能(ソフトフォン・インターネットFAX・通話録音・iPad受付など)を網羅しておりユーザーの希望する運用を実現することができます。 また、提供企業によって大きく品質の変わるスマホアプリとパソコン用のソフトはすべて自社開発しています。

スマホアプリとパソコン用のソフト

スマホアプリは比較的日本製のものが多いですが、パソコンで利用するソフトフォンは海外のものを利用しているケースもあります、海外の電話環境と日本の電話環境は異なるのでボタン配置など日本人には不向きな配置になっていることも少なくありません。また、海外製のものだとサポートも遅くなりがちですが、モッテルはすべて日本人向けに開発されたものなので使い勝手が良く、サポートも迅速に行われます。


開発・販売・サポートが1社にまとまっているのでサポートへ寄せられる不具合などは開発側へ情報共有され、バージョンアップとして改善されていく点も他のクラウドPBXではない点です。


4.多数のユーザーに選ばれているクラウドPBX「モッテル」

クラウドPBXを提供している主なサービス一覧です。

・MOT/TEL
・モバビジ
・ナイセンクラウド
・GoodLine
・BIZTEL
・ひかりクラウドPBX
・トビラフォンCloud
・スマビジ

導入検討で重要なコスト面でも1端末あたり199円~で業界最安値級のモッテルを検討してみてはいかがでしょうか?
クラウドPBXの詳細はこちら  



閉じる