クラウドPBX・クラウド型ビジネスホン

MOT/TEL
HOME > MOT/TEL > ブログ > 起業時にクラウドPBXを選ぶ理由

起業時にクラウドPBXを選ぶ理由

起業時にクラウドPBXを選ぶ理由
起業の際、会社の電話をどうしようか?と悩む方も非常に多いようです。このページをご覧になっているということは貴方もそのうちの一人なのではないでしょうか?
昨今、クラウドPBXというサービスが流行していますが、実はこのクラウドPBXは起業したばかりの方などに非常に選ばれているのです。
ではなぜ通常のビジネスフォン(固定電話)ではなくクラウドPBXを選ぶのか理由を解説していきます。


1.起業時はお金がかかる

起業しようとしている貴方なら起業がどれ程お金のかかるものなのか理解しているでしょう。特に事務所や業務に使うネット回線や電話回線、電話設備に関しては予想以上の金額でびっくりしていることでしょう。

新規で起業する場合、「電話回線+電話設備」を用意するかどうか悩むポイントだと思います。いきなり何名もの社員を雇用し起業する方であれば回線や設備は確実に必要ですが、1人で起業をする場合、携帯で大丈夫なのでは?と疑問に思いますよね。しかし、1人の起業だからこそ携帯で対応ではなく、市外局番の03や06などの番号を利用し業務を行ってほしいのです。


2.電話番号で信用度が変わる

企業のホームページを見てお問い合わせの番号が090や080の携帯番号だったら皆さんはどう思いますか?おそらく大半の人は、この企業大丈夫なの?と心配になると思います。その為、起業時の信用が0の時だからこそ携帯番号ではなく会社の番号(03や06)を利用してほしいのです。
しかし、お金をかけすぎて事業が回らないのは本末転倒ですね。
そこで安く会社の電話を利用出来るサービスをご紹介します。


3.クラウドPBXは安い電話サービス

通常、会社の電話を利用しようと思うと、先程もお伝えしましたが「電話回線+電話設備」が必要になります。電話回線を引くとなると、工事費に加え月額の利用料金も発生します。ビジネスフォンなどの電話設備も工事費に加え、買取であれば何十万の初期投資、クレジットであれば月額の費用がかかります。どちらも1人で利用するには高額になってしまいます。

そこでクラウドPBXの登場です。
クラウドPBXとはクラウド上にあるビジネスフォンなどの電話サービスを月額の利用料を支払い利用するという新しい電話サービスです。 このクラウドPBXであれば、回線をわざわざ引く必要がありません。さらに、通常の固定電話ではなくスマートフォンで対応が可能なため、電話設備の工事も不要・端末代金もかからない為、非常に経費削減効果があります。


4.クラウドPBXのメリット

クラウドPBXのメリットは以下の通りです。
・回線不要
・固定電話不要
・BCP対策になる
・席替えや異動で工事不要
・移転しても工事不要
・利便性UP
一般的なクラウドPBXのメリットは以上です。


5.クラウドPBX最安の「MOT/TEL」

回線不要・端末不要のクラウドPBXの中でも最安で利用できるのがMOT/TELです。1内線あたり199円~で利用できるようになります。

起業時に資金がなくても03や06の番号を利用し、スタートダッシュを是非決めてください。