クラウドPBX・クラウド型ビジネスホン

MOT/TEL
HOME > MOT/TEL > ブログ > 週末起業が失敗する人の3大理由

週末起業が失敗する人の3大理由

週末起業をしている女性
起業しようとしている人なら一度は「週末起業」という言葉を聞いたことがあると思います。
また、現在の収入で漠然とした将来の不安を解消するために行っていることも多い週末起業。副業のようなものですが、起業の準備として行うことも起業後の失敗を減らすので良いでしょう。
そこでこのページでは週末起業のネタや注意点、失敗する人の特徴などについてご紹介致します。


目次

1.週末起業とは
2.週末起業のネタ
3.週末起業のメリット・デメリット
4.失敗する理由
5.週末起業のその後
6.注意点


1.週末起業とは

会社などに雇用されながら週末だけ副業のように別の仕事をすることです。
会社からの給料だけで生活することが厳しい方や、将来に漠然とした不安をお持ちの方、起業したいからその準備がしたい方などが取り組んでいます。


2.週末起業のネタ

失敗しない起業にするためにはの中でもご紹介した、失敗しないビジネスの4条件です。
・小資本で始められるビジネス
・在庫を持たないビジネス
・利益率の高いビジネス
・定期的な収入を生み出すビジネス
内容について詳しくは「失敗しない起業にするためには」をご覧ください。

「週末起業」でも「起業」でも上記の4条件は当てはまります
週末起業のネタを考える際も上記の4条件を考慮してください。
具体的に考えるなら
既に確立されているネットショップやFX、せどり(転売)等になるでしょう。
新たに考える場合は、自分の特技や趣味を週末起業に結び付けられると面白く続けられるものにもなります。
例えば、自分が分を書くことが得意なら添削をしたり、執筆代行、一緒に構成を考えたりする文章コンサルタントのようなものが良いでしょう。このように自分の特技や趣味から週末起業のネタを考えてみてください。


3.週末起業のメリット・デメリット

週末起業を行うことはメリットもデメリットもあります。
メリットとして挙げられることは以下の通りです。
・収入が増える
・起業のテストが出来る

デメリットとして挙げられることは以下の通りです。
・確定申告をする手間が増える
・副業禁止の企業などだと不利益になる
・休息の時間が無くなる

収入を増やすと思えば、それに伴い面倒な作業や大変なことも増えます。その両方を天秤にかけて週末起業をするのか・しないのか、どのネタにするのかを決めてください。そしてその際のメリット・デメリット両方ありますので注意してください。


4.失敗する理由

週末起業は簡単には成功しません。失敗する理由がいくつかありますのでご紹介致します。
・時間の管理が出来ない
週末起業の場合、務めている企業の業務時間外に行います。そのため、平日の夜や土日などの空いている時間に行うしかありません。したがって、時間は限られていますので時間監視が出来ない人は週末起業の作業時間を確保できないので失敗する可能性が高いです。

・持続性がない
週末起業は初めから上手くいくものはありません。最初はどの人も失敗します。しかし、そこでやめてしまってはいけません。ネタや手法など変えるべき点は変えて継続的に行わないと週末起業で成功は難しいです。
飽きっぽい人はあまり向かないかもしれません。

・計画性がない
上記で説明した「時間の管理が出来ない」と似ていますが、何事にも計画性がないと成功しません。失敗をしても計画をしっかりしていればどこの想定が間違えていたのかわかります。しかし、やみくもにやっていたらどこが間違っていて、どこを改善すればいいのかわかりません。

上記の3つが失敗する人の理由です。


5.週末起業のその後

週末起業が軌道に乗ってきたら、法人化や現在勤めている企業を辞めて専念することもいいでしょう。
専念する場合、事務所や電話番号など法人化する際に必要なコト・モノは多いです。弊社では事務所探しから月額3,980円で使えるクラウドPBXもご用意しておりますので下記からご連絡下さい。
   資料をダウンロード
   お問い合わせ

また、週末起業をすることで務めている企業を辞めて一から起業するより既にその事業で黒字化していれば気持ちの面でもお金の面でもかなり楽になります。
起業に務めながら開業届を出すことは出来ますが、副業禁止の就業規則がある場合、判例的には勝てますが、良い印象は会社から持たれないので注意してください。

そして法人化する気持ちがあるなら現在の企業に務めながら業務を行っている時にしっかりお客様のリストを作り継続的に収益を得る仕組み作りをしてください。安定的に毎月収入があるのと、全くないのでは違いますので事前準備をしっかりしてください。


6.注意点

週末起業を行う場合に注意が必要なことがあります。企業が就業規則で副業を禁止にしている場合、週末起業は問題ありませんが、副業の業務のせいで務めている企業の業務に支障をきたす場合は就業規則違反になりますので、注意してください。

副業で年間20万以上の収入がある場合、確定申告も必要になりますので注意してください。しかし、やる以上は確定申告以上を目指したほうが成功しやすいようです。

週末起業は本来、休息時間である土日などに行うため、身体的・精神的に大変です。しかし、収入が増え、経済的に余裕が出来たり自らの可能性も広がりますので是非行ってみてください。
行う際は注意点などに気を付けて週末起業を成功させてください。