クラウドPBX・クラウド型ビジネスホン

MOT/TEL
HOME > MOT/TEL > ブログ > 助成金と補助金を使い起業を簡単に!

助成金と補助金を使い起業を簡単に!

起業に必要なお金
起業するアイデアも活力もあるのに資金がない・・とあなたに朗報です。起業時に利用できる補助金・助成金があります。
上手く利用すれば起業もそこまで難しくないものへと近づきます。
そこでこのページでは起業時に利用できる補助金・助成金をご紹介し、起業後に業務がスムーズに進むシステムもご紹介致します。


目次

1.起業時の資金調達方法
2.助成金・補助金とは
3.助成金・補助金の種類
4.助成金と補助金の違い
5.助成金・補助金を探す
6.助成金・補助金のデメリット
7.起業時に節約する


1.起業時の資金調達方法

前回の記事「起業したいのに起業資金がない!節約思考で起業を楽に」でもご紹介しましたが、起業時の資金調達方法はいくつかあります。以下が具体的方法です。
等です。
このページでは、助成金・補助金に焦点を当てご紹介致します。


2.助成金・補助金とは

助成金・補助金とは国や地方公共団体などが設定した、融資と違い返済義務のないお金を貰える制度です。
また注意が必要なのが、資金が後払いな点です。融資などとは違いますので注意してください。
起業する際、資金が潤沢にある人はほとんどいません。そのため、補助金や助成金は申請して利用できるものは利用しましょう。


3.助成金・補助金の種類

助成金・補助金には大まかに分けて4つの種類があります。
  • ・経済産業省系の助成金、補助金
  • ・厚生労働省系の助成金、補助金
  • ・地方自治体の助成金、補助金
  • ・それ以外の助成金、補助金
に分かれます。

経済産業省系と厚生労働省系の助成金・補助金で多少違いがあります。
経済産業省系の補助金は起業の促進、地域活性化、女性や若者の活躍支援、中小企業振興、技術振興などの施策を目的としています。
それに対し、厚生労働省系は助成金です。雇用の促進、労働者の職業能力向上などの施策を目的としています。
雇用を増やす補助金


4.助成金と補助金の違い

助成金と補助金同じようなイメージがあると思いますが違いがあります。
助成金と補助金の違いは、以下の点があげられます。
助成金:要件を満たすと、受け取れる。
補助金:要件を満たし申請をしても、審査に通過しなければ受け取れない。

補助金は、助成金とは違い、要件を満たした企業が申請をしても審査の結果、補助金の交付を受けられない場合があります。補助金を交付されると、どれだけ事業が活性化するか、社会に役立つかなどの必要性を示さなければいけないのです。

例えば、
商工業活性化事業補助は、
 市では、市内商工業の活性化のために商工団体等が行う自主的な活動を支援し、本市の商工業の振興に資することを目的として、「いわき市商工業活性化事業補助金」を交付しています。
交付申請書、事業計画書、収支予算書を提出し、審査を待ちます。
上記の事業計画書などをアピールしなければ審査に通りません。

補助金は必ずもらえるお金ではないので注意しましょう。


5.助成金・補助金を探す

助成金や補助金は地域によっても適用できるものが違います。助成金や補助金を簡単に探すことのできるサイトをいくつかご紹介致します。
上記のようなサイトを利用し、自分に合った助成金や補助金を見つけましょう。


6.助成金・補助金のデメリット

助成金や補助金は起業する方にとっては勿論、既に事業を営んでいる方にとっても便利な制度になっています。
しかし、デメリットもありますので把握しておきましょう。

助成金や補助金の最大のデメリットは資金が後払いとなる点です。融資であればすぐ資金を手にすることが出来るので、資金繰りが楽になります。しかし、助成金や補助金は後払いとなるため、資金繰り自体は変わりません。


7.起業時に節約する

助成金や補助金は後払いです。そのため起業時の資金としてはあまりあてには出来ません。そのため、起業時の資金繰りをどうにかしたいなら融資を受けるか親族等に工面してもらうことになります。しかし、融資はなかなか受けられませんし、親族が集められる資金の額も限度があります。そのようなときには起業する際の出費を減らすことが一番です。

起業時にお金がかかるのは登記や事務所、必要な設備などです。まず、登記をする必要があるか考えてみましょう。個人事業主やフリーランスとして登記しなくても仕事をすることは出来ます。登記には20万程かかりますので良く検討しましょう。
そして起業後に必要な事務所や電話番号など普通に取得するとかなりの額になってしまいます。そのため、この部分を節約すると起業時に比較的金銭の余裕が出来ます。

弊社ではスマートフォンを会社の電話として利用できるシステムをご提供しています。会社の電話機は通常ビジネスホンと呼ばれる電話機を用意しますが、どれも高額で起業時にはなかなか手を出しにくいです。ビジネスホンを数台しか利用しなくても数十万かかります。しかし弊社の製品「MOT/TEL」では月額3,980円で最低利用期間の縛りもありません。またビジネスホンでは出来ないスマホから会社番号発信や転送料金なしで会社の電話をスマホで受ける等が可能です。
この様なサービスを利用し、節約することで起業しやすくなります。起業する際は検討してみてはいかがでしょうか?
固定の電話機が不要なクラウドPBX「MOT/TEL」はこちら