クラウドPBX・クラウド型ビジネスホン

MOT/TEL
HOME > MOT/TEL > ブログ > クラウドPBX > 電話をクラウド化する大きなメリット|クラウドPBX MOT/TEL

電話をクラウド化する大きなメリット|クラウドPBX MOT/TEL

 電話をクラウド化する大きなメリット|クラウドPBX MOT/TEL
クラウド元年と呼ばれた2010年から既に6年も経過しています。様々なサービスの分野でクラウドサービスが登場し、利用者数を伸ばしています。
このページでは「なぜクラウド化するのか」の理由をご紹介致します。


目次

1.そもそもなぜ今までクラウドが流行らなかったのか
2.クラウドに対する意識調査
3.クラウドサービスへの移行メリット
4.クラウドPBXを導入する際の注意点


1.そもそもなぜ今までクラウドが流行らなかったのか

クラウドが便利なサービスだという認識は皆さん多少なりともお持ちのはずです。ではなぜ、今までクラウドサービスが流行らなかったのか。その理由は大きく2点あると考えます。

・インターネット環境が不十分
インターネットが普及し、通信速度や処理能力は日々進化しています。現在では問題ない、通信もひと昔前は、画像を送信するのが手一杯の時代もあり、クラウドサービスを安定的に利用することが難しかったという理由です。

・情報を他の企業にあずけることへの抵抗が強かった
ひと昔前のインターネットは情報を保護するためのセキュリティが低く、自社の大事なデータを自社以外で管理することに抵抗感が強かったことも挙げられます。

以上の2点からクラウドサービスが最近まで流行らなかった理由です。


2.クラウドに対する意識調査

前項でご説明した、インターネット環境とセキュリティレベルや意識が改善され、様々なクラウドサービスが普及してきました。
具体的に、数値を見て行きます。
マイボイスコム株式会社が行った2014年6月12日~14日に『企業のクラウド化について』のアンケート調査を実施いたしました。
  クラウドサービス利用実態
参照:PRTIMES
クラウドサービスの利用実態を調査したものですが、半数近くがクラウドサービスを利用しています。

次に、クラウドサービス導入への興味・関心についての調査です。
  クラウドサービス導入への興味・関心
興味・関心について肯定的な意見が70%以上となっています。


3.クラウドサービスへの移行メリット

クラウドサービスへの肯定的な意見が前項で多数ありますが、実際にクラウドサービスへの移行はどのようなメリットがあるのか具体的に見て行きます。

・導入までの期間が短い
通常オンプレミス型の設備などを導入する場合、数か月かかる場合もあります。しかし、クラウドサービスならアカウント登録をすれば、すぐに利用することが出来ます。

・経費として計上できる
設備を購入した場合、固定資産として計上され、固定資産税も支払うことになります。しかし、クラウドサービスなら月額の利用料を払う形式なので、経費として計上することができます。

・柔軟な運用が可能
社員の増減があった場合、通常設定変更や工事など様々な業務が発生します。しかし、クラウドサービスなら、追加IDの申請をするだけで利用が可能になるため、柔軟な運用が可能になります。

・コストパフォーマンスが高い
設備を購入したり、リースで導入した時点でコストパフォーマンスを長期にわたり固定されてしまいます。そのため、テクノロジーの進化によって享受できたであろう、コストパフォーマンスの低減効果を享受できなくなります。
しかし、クラウドサービスであればバージョンアップが行われ、常に最新の機能やコストパフォーマンスを享受することが可能になります。

・初期費用が安い
設備を導入する場合、どうしても初期費用が高く導入へ足踏みしてしまいます。しかし、クラウドサービスは、月額制で初期費用が安く、導入がしやすいです。

・短期利用もできる
通常設備を購入したり、リースを組むと途中の解約が不可だったり、費用をすでに払ってしまった後なので、使いにくいから変えるということが難しくなります。しかし、クラウドサービスなら月額制の一か月単位など短期の利用が可能なので、支店でお試しや期間限定で利用したりすることが可能です。

・メンテナンス不要
通常の設備やシステムを導入すると維持していくために、メンテナンスをしなければなりません。このメンテナンスには費用も人も必要です。しかし、クラウドサービスであればクラウドサービス運営会社がメンテナンスをするので提供を受ける企業はメンテナンス不要となります。

・BCP対策として有効
災害が起きた際、設備等を自社で管理していると設備も故障してしまう可能性も高くなります。しかし、クラウドサービスで利用していれば、たとえ事務所が壊滅状態となったとしてもインターネットに接続できる環境さえあれば通常通り作業を行うことが出来るため、BDP対策としても有効です。


4.クラウドPBXを導入する際の注意点

ビジネスホンやPBXをクラウド化することも他のクラウドサービスと同様に様々なメリットがあります。前項で記載したメリット以外にも、ロケーションフリーの内線環境の構築など、通常のビジネスホンやPBXでは出来ない機能も有しています。
会社の電話は非常に大事な設備です。そのため、安易に値段だけで決めずに、運用面や音質など、様々なシーンを想定し、デモを行ってから導入してください。
→音質に自信あり。クラウドPBXの「MOT/TEL」はこちらから