全国への緊急事態宣言後、初めての週末で人出はどう変わったのか?

テレワーク

Q:全国への緊急事態宣言後、初めての週末で人出はどう変わったのか?

A:
全国への緊急事態宣言後、初めての週末で人出はどう変わったのか?

全国への緊急事態宣言が発令されて初めての週末が終わりました。不要不急の外出をしないよう要請されている状況で繁華街や観光地はどうなったのでしょうか?

コンテンツの目次
  1. 渋滞が発生している江の島
  2. 外出自粛の意味
  3. いまだに通勤しているのは異常

1.渋滞が発生している江の島

全国どの地域でも繁華街や観光地は緊急事態宣言前から訪れる人の数は減少しています。全国緊急事態宣言が全国へ拡大され、減少傾向はさらに強まるかと思われた矢先、神奈川県の観光地である江の島では観光等に訪れる人の車で渋滞が発生しているという驚きのニュースが飛び込んできました。TwitterなどのSNSでは混雑する江の島の画像が多く出回る等、一時ネット上でトレンドになったり、批判が多く出ていました。
また、都内では吉祥寺の商店街も人が多く訪れている様子がニュースなどで取り上げられています。


2.外出自粛の意味

不要不急の外出を控えることを要請されていますが、生活必需品の買い物は不要不急の外出には当たらないという認識がニュース等で広がり、アクセスが良く何でも揃う吉祥寺の商店街に買い物客が集まっているのではないか?との見解でした。
また、江の島の海など3密(「密閉」「密集」「密接」)がないような場所に息抜きとして出かけていると報じられています。 しかし、外出自粛の要請はコロナウイルス感染拡大を防ぐ目的です。今は、息抜きや利便性より「ウイルス感染しない」「拡大させない」ことを最優先して行動するべきです。


3.いまだに通勤しているのは異常

あるニュースで取り上げられていた医者の話では、これだけウイルス感染が広がっている中で「まだ通勤している人がいるこの状況は異常である」とコメントしていました。 また、製造業などの出勤せざるを得ない人達を守る為にも在宅勤務が出来る人は在宅勤務をするべきであるとも述べています。 筆者も全くその通りだと感じています。自身もこのコロナウイルス感染拡大によって、はじめてテレワークを行いましたが、初めてのことは何でも不安になるものです。社内と同じ様に業務が出来るのか?コミュニケーションが取れるのか?と心配でしたが、全くその心配は不要でした。
私はテレワークを行う際、MOT/Teleworkというテレワーク向けのサービスを利用しています。MOT/Teleworkは、テレワークに必要な『リモートアクセス』『コミュニケーションツール』『セキュリティ機能』が1つになったテレワーク向けのパッケージ商品です。

テレワークパッケージMOT/Telework

リモートアクセスでは、自宅のパソコンから社内のパソコンへインターネット経由でアクセスすることが出来ます。その為、社内で行っていた資料作成やデータを入力しているエクセルの更新、経理システム・オンライン口座へのログインなどが自宅でも可能となります。

テレワークパッケージMOT/Teleworkのリモートアクセス

コミュニケーションツールでは、社内で利用している固定電話(ビジネスフォン)と同じ機能を自宅にいながらスマホで利用出来る『スマホ内線機能』や顔を合わせての打ち合わせやお客様との商談が出来る『ビデオ会議』が利用出来るので、テレワーク中でもコミュケーションが社員・お客様問わず簡単にとることが出来ます。

テレワークパッケージMOT/Teleworkのスマホ内線

セキュリティの面では情報漏えい防止の為、自宅のパソコンへ情報の保存禁止・ハードコピー(スクリーンショット)禁止、メール送信禁止などのセキュリティ機能が設定出来るので安全にテレワークが可能です。テレワークにおいて最も注意しないといけない点は情報漏えいです。もし情報漏えいが起こってしまった場合、自社だけでなく顧客・取引先にも被害が及びます。ウイルス対策の為、早急なテレワーク環境の構築が必要ですが、セキュリティ面だけはしっかり考慮しましょう。
MOT/Teleworkの詳細はこちら  



リース不要の低価格ビジネスフォン

お問い合わせ Contact

サービスの導入・検討にあたってのご質問・お見積り・資料請求は、
こちらから気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-972-164
受付時間:平日9:00 - 17:30