新型コロナ 無症状なら出社しても良い?

テレワーク

Q:新型コロナ 無症状なら出社しても良い?

A:
新型コロナ 無症状なら出社しても良い?

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者数が日本だけで8,000人を超え、10,000人を超える日も目前と迫っています。そのような状況の中でも都内などの駅では未だに会社へ出社する多くの人がいます。新型コロナの症状がなければ出社しても良いのでしょうか?

コンテンツの目次
  1. 無症状でも感染している可能性あり
  2. 感染を広げない為に出来る事
  3. 安心な在宅勤務環境を構築する為には

1.無症状でも感染している可能性あり

新型コロナウイルスはPCR検査が陽性だった(感染している)者でも症状がない場合があります。通常、肺炎などを引き起こすウイルス感染症の場合、症状が最も強く表れている時期に他社へ感染させる可能性が高くなりますが、新型コロナウイルスの場合について十分な解明が進んでいない為、無症状でも他社への感染をさせてしまう可能性は否定できません。したがって無症状でも感染している可能性があり、他社への感染の原因になりえるということになります。


2.感染を広げない為に出来る事

東京近郊や大阪など満員電車での通勤が必要なエリアでは他社への接触がなかなか避けられません。したがって無症状の人でも感染していると仮定して行動することが求められます。万が一、会社へ出社し会社内でクラスター(集団感染)を引き起こしてしまったら会社として計り知れない損失となります。
では、自分が他社へウイルスを拡散させないために出来ることはどの様なことがあるでしょうか?1番効果があるのは出社しない自宅待機やテレワークです。自宅待機やテレワーク、特に在宅勤務であれば自宅から1歩も外へ出る必要がありません。しかし、自宅待機では業務がストップしてしまう、在宅勤務では出来る業務が限られる・情報漏えいが心配という課題があります。


3.安心な在宅勤務環境を構築する為には

コロナ対策で出勤も出来ないけど、業務も止めたくない・・・という方にはMOT/Teleworkが最適です。MOT/Teleworkとは社内のPCに遠隔地(自宅など)のPCからリモートでアクセスし社内のPCをあたかも操作しているように自宅のPCを操作できるテレワーク向けシステムです。

テレワークシステム「MOT/Telework」イメージ

例えば、社内でしか見られない基幹システムへのログインも自宅のPCから可能です。普段行っている、メールチェック・社内クラウドの確認・資料作成・記録しているエクセルの更新なども自宅で行えるようになります。

リモートアクセス利用イメージ

さらに、自宅のPCへデータの保存・印刷・メール送信などが禁止出来るセキュリティ機能が利用出来るので情報漏えいの防止に効果的です。

また、在宅勤務の課題であるコミュニケーションの面でもMOT/Teleworkの機能で解決することが出来ます。従来の在宅勤務では在宅勤務者同士や出勤している社内の人と内線通話をすることが出来ませんでした。社内の電話機のように会社宛ての電話を受けることも出来ません。このように社員同士のコミュニケーションが減少したり、外線の対応業務を社内の人が在宅勤務者分も請け負わなければならない等、社内と在宅勤務者の電話環境の違いが不公平感を生んでいました。
しかし、MOT/Teleworkであれば社員がお持ちのスマホにアプリをインストール・設定すると社内の電話機と同様に会社宛ての電話を自宅で受けたり、社員同士の内線が出来るようになります。顔を合わせてのコミュニケーションではリアルタイムのビデオ通話(WEB会議)を使用することで、より繊細なニュアンスを伝えたりすることが出来ます。ソフト等のインストールが不要でブラウザでアクセスするだけなので新規のお客様との商談などでも簡単に利用することが出来ます。
オフィス出勤者の7割減、極力8割削減を達成する
このようにMOT/Teleworkではテレワークに必要な機能がまとまったパッケージ商品になっているので、1つ導入するだけで安全なテレワーク環境が簡単に構築出来ます。
MOT/Teleworkの詳細はこちら  



リース不要の低価格ビジネスフォン

お問い合わせ Contact

サービスの導入・検討にあたってのご質問・お見積り・資料請求は、
こちらから気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-972-164
受付時間:平日9:00 - 17:30