病院でスマートフォン内線化を導入するメリット

医療機関(病院・診療所)

病院でスマートフォン内線化を導入するメリット

病院でスマートフォン内線化を導入するメリット

スマートフォンから会社の代表番号や直通の番号で発信やその番号の着信を受けたり、事務所の電話機から電話を取り次いでもらうことが出来る「内線化」が一般企業にて広がっていますが、病院などの医療現場にも徐々に広がってきています。
そこで今回は病院内でスマートフォンの内線化を導入するメリットをご紹介致します。

コンテンツの目次
  1. PHSの利用割合が圧倒的
  2. PHSのデメリット
    1. ナースコールをPHS複数台の同時着信が出来ない
    2. ナースコールと外線を1台の端末で利用出来ない
    3. 電子カルテなどのサービスを使用できない
    4. PHSの販売が終了する可能性がある
  3. スマーとフォンの内線化を病院に導入するメリット
    1. ナースコールの同時複数着信が可能
    2. スマホ1台でナースコール・外線・内線が利用出来る
    3. 電子カルテも利用可能
    4. 便利な機能が他にも豊富

1.PHSの利用割合が圧倒的

病院内で利用される携帯端末としてはPHSが圧倒的シェアとなっています。
2017年1月6日~2月6日に株式会社三菱総合研究所が調査した「病院における電波利用の状況及び電波環境に関する調査」では下記のような結果となっています。

PHSのシェア

PHSの導入割合は8割を超え、ほとんどの病院で利用されていることになります。
2015年の調査では8割を切っていたので増加傾向であることも分かります。

これ程にまで高い利用率のPHSにデメリットはないのでしょうか?


2.PHSのデメリット

PHSの利用は電磁波が昔の携帯と比べて非常に弱い為、医療機器や人体への影響が少ないとのことで普及しました。
しかし、技術革新により現在のスマートフォンや携帯電話は電話の影響が少ないとして、電波環境協議会による「医療機関における携帯電話等の使用に関する指針」にて医療機関で制限されていたスマートフォンや携帯電話の使用が可能となりました。

この為PHSを利用する安全性のメリットがなくなりました。残ったのは何点かのデメリットです。

 

2.1.ナースコールをPHS複数台の同時着信が出来ない

ナースコールをPHSで取れるように設定してある病院が多いですが、PHSの複数台に同時に着信させることが出来ません。その為、最大で16秒後に着信する端末も出てしまいます。

ナースコールをPHS複数台の同時着信が出来ない

 

2.2.ナースコールと外線を1台の端末で利用出来ない

ナースコールと連携したPHSで外線を受けたり、発信したりすることは出来ません。その為ナースステーションに戻って外線を利用したり、ナースコール用の端末と外線用の端末の2台持ちをしなければなりません。

ナースコールと外線を1台の端末で利用出来ない

 

2.3.電子カルテなどのサービスを使用できない

PHSは電話しかできません。その為、カルテの記入や確認はナースステーションに戻ってから行っていました。

電子カルテなどのサービスを使用できない

 

2.4.PHSの販売が終了する可能性がある

デメリットとは若干違うかもしれませんが、2020年7月にPHSの個人向けのサービス停止が決定しました。
参照:ワイモバイル「PHS向け料金プランの終了について
法人向けは今回対象になっていませんが近い将来法人向けプランも提供を終了するのではないでしょうか?そうなると保守や古くなった機種の入れ替えなどが出来なくなります。

PHSの販売が終了する可能性がある

この様にPHSはデメリットが存在します。


3.スマートフォンの内線化を病院に導入するメリット

先程PHSのデメリットをご紹介しましたが、今度はスマートフォンの内線化のメリットを見て行きましょう。

 

3.1.ナースコールの同時複数着信が可能

スマートフォンでナースコールが受けられるサービスでは1台ずつの着信ではなく複数台同時に着信することが出来ます。着信までの時間を短縮可能です。

ナースコールの同時複数着信が可能

 

3.2.スマホ1台でナースコール・外線・内線が利用出来る

スマートフォンはアプリをインストールすることで様々なことが1台で利用可能です。例えば、弊社サービスはナースコールシステムとも連携し、アプリからナースコールを受けられたり、外線の受発信、内線などが利用出来ます。2台持ちは不要となります。

スマホ1台でナースコール・外線・内線が利用出来る

 

3.3.電子カルテも利用可能

院内では緊急時少しでも多くの正確な情報を得たいと考える医師や看護師は多いが、PHS利用時のようにナースステーションやデスクでしか確認できない場合早く患者のもとへ向かいたい気持ちと少しでも多くの事前情報を得たい気持ちのジレンマが存在する。
しかし、スマホを導入すれば移動時にも閲覧が可能なため、迅速に患者のもとへ向かいながら「電子カルテから情報を得る」ことが可能となりました。
また、ベッドサイドからでも電子カルテに追記などが可能になるので業務の効率化も図れます。

電子カルテも利用可能

 

3.4.便利な機能が他にも豊富

弊社のサービスでは上記のナースコール連携・外線・内線だけでなく「ビジネスチャット」や「電子錠」などの機能も利用可能です。
特に病院では同じ時間に全ての医師・看護師が集まるのが難しいので共有が困難ですが、ビジネスチャットを利用すれば共有が可能です。通信の暗号化や弊社に登録したアカウントのみの利用など安全性も高いのが特徴です。

便利な機能が他にも豊富
上記の様に病院内でスマートフォン内線化を取り入れることは多くのメリットがあります。
この機会に検討してみてはいかがでしょうか?
『病院向けスマホソリューション』お問い合わせはこちら  



リース不要の低価格ビジネスフォン

お問い合わせ Contact

お問合せはこちら

メールでお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-972-655
受付時間:平日9:00 - 17:30

無料訪問デモのご依頼はこちら

無料訪問デモのお問い合わせ

全国ショールームでのデモも可能です。

ショールーム一覧はこちら
PAGE TOP