グローバル化を成功に導く人材とは?

働き方改革

グローバル化を成功に導く人材とは?

グローバル化を成功に導く人材とは?

人口減少に伴う国内消費の減少で企業は国際的な展開を余儀なくされている。その為、企業のグローバル化を成功するためにグローバルな人材確保が必要だが、どのような人材が良いのかわからない人事担当も多いのではないだろうか?
そこでグルーバル化に対応出来る人材とは?その人材を獲得するためには?という内容を解説していく。

コンテンツの目次

1.グローバル化とは?

まずグローバル化とは「ヒト・モノ・カネ・情報」が国境を越えてやり取りが行われることである。ひと昔前では考えられなかったような状況が現在では当たり前に行っている。例えば、飛行機の開発・LCCの躍進により低価格で早く移動することが可能になった。情報に関して言えば人の移動の数倍、数百倍の速さでやり取りされている。これはインターネットの発達により、個人個人がスマートフォンを所持しSNSなどを通じリアルタイムで情報を発信出来る様になった為である。


2.企業におけるグローバル化とは?

「ヒト・モノ・カネ・情報」が国境を越えてやり取りが行われると企業の生産は地球上の最適な国・場所で業務を行えるようになる。例えば工場などの生産では人件費の安い地域に移すことで製造コストを抑えられる。
日本で販売するものを海外で製造し日本へ郵送しても日本の拠点で製造するよりコストが安くなる。


3.グローバル化に対応出来る人材とは?

必要な人材を見て行く前に現在企業は海外の人材を十分に確保しているのか?という調査が総務省にて行われた。下記がその結果のグラフである。

どちらかと言えば不足、不足を合計するとおよそ7%の企業が海外事業に必要な人材を不足していると感じている。
では、海外事業に必要な人材とはどのような人材なのか?要素は大きく分けて2つ存在する。
1つ目は柔軟な思考。
2つ目は変化に対応する力。
1つ目の柔軟な思考とは海外と日本の文化・商習慣との違いを理解することである。海外へ赴任し日本で上手くいったやり方をそのまま当てはめても上手くいくとは限らない。むしろ失敗することが多い。日本は島国で日本国内の外国人の割合もそこまで高くないが、海外の国ではその国の人口が多国籍の人たちで形成されることが多い。その為、様々な分野で多様性が見られ日本のやり方や考え方に固執すると必ず問題が起きる。

2つ目が変化に対応する力である。海外事業では問題が急に起きたり、社員が急に辞めたりすることも多い。その為、変化に対応する力がなければ到底やっていけない。

上記の2つを持っている人を新たに採用したいわけだが、このような人はいわゆる優秀な人であり簡単には採用できない。 まず給与面・働き方・責任・裁量などを考慮し応募する・しないを決定していくことになる。すなわち条件が良くないとこの様な人材に巡り合えない。優秀な人材を採用するためには労働環境を向上していくことが必要である。
労働環境を良くする方法は過去に何度か記事を書いたのでそちらを参考にして頂きたい。


4.海外社員とコミュニケーションを取りやすく

海外に赴任している社員とコミュニケーションが取りづらく上手くいかないとういうケースも存在する。国によっては日本と昼夜逆転していることもありリアルタイムで連絡を取ることが出来ないこともある。メールで連絡していたら尚更である。
そこで弊社のMOT/Phoneを導入頂くと利用出来るビジネス向けのチャットを活用してみるのはどうだろうか?朝起きたときから寝る時まで気軽に連絡が取れるようになり、コミュニケーションが取りづらいということは改善するだろう。もちろんビジネス向けなので一般コンシューマー向けのサービスと違いセキュリティ面では安心できる。
また、海外にいる社員と日本の社員が内線電話で話すことも可能。取次を行うことももちろん可能※。テキストでも音声でも自由にコミュニケーションが取れるようになり日本国内からサポートしやすくなり、海外の社員も相談しやすくなる。
上記の様なサービスを導入し海外事業を少しでも環境を改善し成功に導いてはどうだろうか。

※国によっては利用出来ない場合がございます。
『なぜビジネスチャットを導入しなければいけないのか?』をDL  



リース不要の低価格ビジネスフォン

お問い合わせ Contact

お問合せはこちら

メールでお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-972-655
受付時間:平日9:00 - 17:30

無料訪問デモのご依頼はこちら

無料訪問デモのお問い合わせ

全国ショールームでのデモも可能です。

ショールーム一覧はこちら
PAGE TOP