在宅コールセンターを導入するメリット・デメリット

コールセンター

在宅コールセンターを導入するメリット・デメリット

在宅コールセンターを導入するメリット・デメリット

お客様との大事な接点の場であるコールセンター(コンタクトセンター)では、人材不足がどんどん深刻となる中で在宅にて行うコールセンターが注目されています。自宅で業務が行えるので子育て・介護との両立が可能なことから今まで働きたくても働けなかった層を取り込めるというメリットがあります。そこで今回は在宅コールセンターを導入するメリット・デメリットについてご紹介致します。

コンテンツの目次
  1. 在宅コールセンターを導入するメリット
    1. 高額な賃料が不要
    2. 交通費も削減
    3. 人材が確保しやすい
    4. 離職防止
  2. 在宅コールセンターを導入するデメリット
    1. コミュニケーション不足
    2. コミュニケーション不足
  3. 在宅コールセンターシステムの導入は慎重に

1.在宅コールセンターを導入するメリット

大きく分けるとメリットでは金銭面と人材の面と2つが挙げられます。

【金銭面メリット】
1.1.高額な賃料が不要

通常コールセンターでは受電業務を行う人が多いほど広いオフィスを借りる必要があり、賃料も高騰します。しかし、在宅でコールセンター業務を行えれば、広いオフィスを借りる必要がないので賃料を削減可能です。

1.2.交通費も削減

在宅ワークとなることで社員へ支給する交通費を削減することが出来ます。1人1人の金額はそれ程大きくないかもしれませんが、何百人ともなれば総額はかなりの高額となります。

【人材確保面】
1.3.人材が確保しやすい

冒頭でもご紹介したように、在宅勤務となることで今まで働きたくても働けなかった優秀な層を取り込むことが可能です。例えば出産・子育てで離職してしまった人や親の介護などで離職してしまった人などが挙げられます。
また、採用地域もコールセンターのある地域・通える範囲の人達しか採用できませんでしたが、在宅コールセンターなら地域を問わず採用が可能になります。

1.4.離職防止

既に働いている社員が出産・育児・介護に伴い今までであれば離職するしかない場合でも、在宅ワークなら引き続き勤務してもらうことが可能になります。離職は抜けた穴を埋めるための採用費用・やり方などを教える教育時間・費用などの面で非常にマイナスです。その離職を防止できることは非常にメリットになります。


2. 在宅コールセンターを導入するデメリット

先程メリットを見て行きましたが、デメリットはないのでしょうか?在宅コールセンターにもデメリットは存在します。

2.1.コミュニケーション不足

在宅勤務ではオフィスと自宅で勤務する人に分かれます。その為今まではちょっとした会話で済んだ内容もしっかり報告しなければ伝わりません。しかし、わざわざメールでちょっとした内容を報告したり、質問したりすることは面倒に感じます。その為コミュニケーションが不足し情報共有が出来なくなります。

2.2.同じ環境にしないと不公平に感じる

在宅勤務者とオフィス勤務者の環境のうち出来る業務・出来ない業務の差があると業務量の均衡が取れず不公平感が出てしまいます。


3.在宅コールセンターシステムの導入は慎重に

上記で見た通り、在宅コールセンターを導入する場合、在宅勤務者とオフィス勤務者を同じ環境にする必要があります。また、コミュニケーション不足にならないようにコミュニケーションツールの導入も必要となります。
弊社の『MOTコールセンターシステム』では上記の2つのデメリットを解決したシステムです。自宅でもオフィスと全く同じ受電環境が整えられますのでオフィス勤務者との不公平感は出ません。
また、受電だけでなく内線通話がオフィス勤務者や在宅勤務者と自由に取れます。さらにビジネスチャットも標準装備している為簡単な質問などはこのチャットを利用することでコミュニケーション不足は解消されます。グループチャットで共有することで情報の共有が素早くなったり、他の人が遭遇したマニュアル外の事例などを事前に聞いておくことで成長スピードも向上します。
在宅勤務に最適なコールセンターシステムの詳細はこちら! 『MOTコールセンターシステム』お問い合わせはこちら  



リース不要の低価格ビジネスフォン

お問い合わせ Contact

お問合せはこちら

メールでお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-972-655
受付時間:平日9:00 - 17:30

無料訪問デモのご依頼はこちら

無料訪問デモのお問い合わせ

全国ショールームでのデモも可能です。

ショールーム一覧はこちら
PAGE TOP